eo

eonet.jp

ベン・フォスター、役作りのためにドラッグを試していた!

2015.09.17

ベン・フォスターは、新作『The Program』でのランス・アームストロング役に向けてドラッグを使用していたという。ツール・ド・フランスの勝者としてその名を知られながらもドーピング使用が発覚してタイトルをはく奪されたアームストロングを演じるにあたり、ドラッグによる影響の理解を深めるためにベンは医師監視の元、薬物を使用したのだという。その状況を個人的に理解することが役作りの上で重要だったというベンは効果が得られたとする一方で、後遺症もあったうえ精神面にも影響が出たとして、ほかの俳優たちに勧めるようなことではないと語っている。アームストロングは1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇したものの、ドーピング問題が浮上した後に本人が使用を認めたことで2012年にそのタイトルをはく奪された。

最新映画ニュース

第 71 回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品 映画『寝ても覚めても』30 秒予告解禁!

第 71 回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品 映画『寝ても覚めても』30 秒予告解禁!

2018.04.20

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 前夜祭 5大都市、5分でトドメの完売!!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 前夜祭 5大都市、5分でトドメの完売!!

2018.04.20

ハローキティ、ガンダム、ゴジラがお出迎え!今世紀No.1監督スピルバーグが見せた神対応!「初めて観た日本の映画は『GOZILA』!」ジャパンプレミア

ハローキティ、ガンダム、ゴジラがお出迎え!今世紀No.1監督スピルバーグが見せた神対応!「初めて観た日本の映画は『GOZILA』!」ジャパンプレミア

2018.04.20

クリステン・スチュワート、カンヌ映画祭の審査員に

クリステン・スチュワート、カンヌ映画祭の審査員に

2018.04.20

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』続編、監督とスタジオの訴訟により製作難航

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』続編、監督とスタジオの訴訟により製作難航

2018.04.20

最新映画ニュース一覧へ