eo

eonet.jp

映画『カイト/KITE』原作者・梅津泰臣トークショーイベントレポート

2015.04.14

20150414_kite

日時:4月10日(金)
場所:新文芸坐
登壇者:梅津泰臣(アニメーター)、小黒祐一郎(アニメスタイル編集長)

 

梅津泰臣によってうみ出された伝説的18禁アニメ「A KITE」を原作としたハリウッド実写映画『カイト/KITE』の4月11日の公開前日、アニメ「A KITE」「MEZZO FORTE」のBlu-rayのリリース記念も兼ねて企画されたイベント“濃密にして過激 素晴らしき梅津泰臣の世界”。
当日は2作品の監督であるアニメーター・梅津泰臣、アニメスタイル編集長・小黒祐一郎によるトークショーを行い、その後、『A KITE〈インターナショナル版〉』と『MEZZO FORTE〈ディレクターズカット版〉』の上映を行った。

■小黒:梅津さんにとって『A KITE』はどういう位置づけにあるのですか。

■梅津:エンターテインメント作品です。ある日、一アニメーターとして何かを表現したい気持ちが高まってきて、その集大成としてうまれましたね。

■小黒:ハードなアクションや、エロティックなシーンもあったのですが、そういうのも描きたいという気持ちがあったのですか。

■梅津:今も当時も個人のアニメーターの企画っていうのはなかなか大変なんです。18禁っていうのはわりと門戸が広かったので、そこで『A KITE』の企画を通したんです。決して僕もエロは嫌いじゃないんで、そういうものはバンバン作品の中に取り入れたいという気持ちはあったんですけどね。

■小黒:そうして出来上がった『A KITE』が、アダルトアニメどころか一般のオリジナルアニメよりクオリティが高かった。それどころか、劇場アニメと言われてもおかしくないくらいのクオリティなのですが、制作費が高いっていうこともなかったのですよね。

■梅津:そうです。普通の予算だったので、みんな大変だったと思いますよ。みんなでひとつの山を目指した、個人個人の努力がああいう形になったんだと思います。

■小黒:その後のメゾフォルテはまた全く違った作品ですよね。

■梅津:『A KITE』の反動ですよね。シリアスなものを作ったので次はコメディ要素があるものを作りたいと思って。もともとコメディ映画が大好きで、70年代に放送していたコメディドラマ、特に久世さんがやっていた「ムー」が好きで、そういう要素もいれたいなと思って。

■小黒:両作ともアダルトシーンを抜いたバージョンも作られましたね。そして本日はそちらを上映する。なぜこの世に18禁版があるのに、本日は15禁版を上映するのか。みなさんも疑問に思われているのでは。

■梅津:『A KITE』も『MEZZO FORTE』もやるからにはエロシーンも手を抜かずにきっちりとやりたいと思ったんです。どうせモザイクが入るんだから、そんなに一生懸命やらなくていいよって周りには言われたんだけど、リアルに描きたいと思ったもんだから。僕、手を描くのがリアルだと言われるんですけど、それは局部に関しても同じなんです。でも後々プレビューで見ると、すごく恥ずかしくて!リアルにやりすぎた!と思いました。それを大画面で見るのは、僕の中で抵抗があったんです。なので本日の上映は15禁版にさせていただきました。

■小黒:本日上映する2本は何か映画の影響をうけました?

■梅津:『A KITE』は『グッドフェローズ』。これ大好きで、いくつかのシーンを『A KITE』にも引用してるんです。あと『ダークマン』『ヒドゥン』『ターミネーター』『ダイハード2』ですね。『MEZZO FORTE』は『キングピン/ストライクへの道』『エンゼルハート』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』。

■小黒:実写版『カイト/KITE』はどうですか。

■梅津:これも割りと早い時期から話はあったんですけど、なかなか話が進めなくて。脚本も7、8校まであって、途中で話もすごく変わってしまって、どうなるんろうと危惧していたんです。その後、監督に決まったエリスが話を元に戻せといってくれて、でも撮影が始まる1週間前に亡くなってしまったんです。色々アクシデントはあったんですけど、ラルフ・ジマン監督が新たに撮ってくれて、やっと完成したという感じでね。

■小黒:僕も試写で拝見したんですけど、びっくりするくらいアニメをリスペクトしていますよね。まるっきり同じシーンとかありましたね。

■梅津:実写版には良い印象しか持っていないですね。主演のインディアもとても良い女優で、キャストもよかった。監督も良いセンスも持っていて、氷室京介のPVもとっている方なんです。映像的にもすごく綺麗な仕上がりになっていますね。

■小黒:映画に関して、「こうしてくれ」とか色々指示をしたのですか。

■梅津:基本的に映画に関してはあまり口出しをしないという契約だったので、僕は「タイトルだけは変えないでくれ」と言いました。でも向こうも「ここはどうしましょう」とか聞いてくるので、そういう時は口を出しました。女体盛りのシーンは「さすがにやめてくれ」とか。

 

その後、客席との質疑応答で映画『カイト/KITE』の見所を尋ねられた。

■梅津:アニメ版をリスペクトしてくれているので、アニメにあったシーンが再現されているとかだけじゃなく、どのように彼らがアニメを自分達で咀嚼して形にしたのかというのを意識して観るのが楽しいと思います。大きいテーマは外していないので、アニメ版が好きな人は実写版も好きになってくれるのではないですかね。

カイト/KITE

公開日2015年4月11日(土)
劇場全国にて
配給アスミック・エース
公式HPhttp://kite.asmik-ace.co.jp/

©2013 Videovision Entertainment, Ltd., Distant Horizon, Ltd. & Detalle Films All rights reserved

最新映画ニュース

北米の若者の間で話題沸騰となった本作がついに公開!『アメリカン・アニマルズ』

北米の若者の間で話題沸騰となった本作がついに公開!『アメリカン・アニマルズ』

2019.02.15

『マックイーン:モードの反逆児』特報映像、ポスタービジュアル解禁!

『マックイーン:モードの反逆児』特報映像、ポスタービジュアル解禁!

2019.02.15

ポール・フェイグ、新作コメディ映画を製作へ

ポール・フェイグ、新作コメディ映画を製作へ

2019.02.15

オリヴィア・マン、『X-Men』シリーズ次回作に出演せず

オリヴィア・マン、『X-Men』シリーズ次回作に出演せず

2019.02.15

チャドウィック・ボーズマン、スパイク・リー監督作に出演へ

チャドウィック・ボーズマン、スパイク・リー監督作に出演へ

2019.02.15

最新映画ニュース一覧へ

MY映画館3件まで登録できます。

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

ランキング全国週末興行成績
七つの会議 01 EVEN

七つの会議

アクアマン 02 NEW

アクアマン

マスカレード・ホテル 03 DOWN

マスカレード・ホテル

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 04 NEW

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

コードギアス 復活のルルーシュ 05 NEW

コードギアス 復活のルルーシュ

メリー・ポピンズ リターンズ 06 DOWN

メリー・ポピンズ リターンズ

十二人の死にたい子どもたち 07 DOWN

十二人の死にたい子どもたち

ボヘミアン・ラプソディ 08 DOWN

ボヘミアン・ラプソディ

雪の華 09 DOWN

雪の華

ファースト・マン 10 NEW

ファースト・マン

2月9日~2月10日調査 (興行通信社提供)