eo

eonet.jp

シャーリーズ・セロン、トム・ハーディ、ジョージ・ミラー監督らが登場。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』カンヌ国際映画祭でヨーロッパプレミア

2015.05.15


5月13日に開幕した第68回カンヌ国際映画祭、2日目の14日(仏現地時間)に、特別招待作品に選ばれた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が上映され、フォトコールと上映前のレッドカーペットの模様を伝える画像が届いた。

画像:(C)若山和子

ジョージ・ミラー監督と共にフォトコールに登場したのは、新マックスを演じたトム・ハーディ、女戦士・フュリオサ役で強い女を体現したシャーリーズ・セロン、今までのイメージを一新する白塗りの男・ニュークスを演じたニコラス・ホルトの4人。セロンは、劇中のマックスをイメージするかのようなヴァレンティノの黒革ドレスで登場し、カメラマンたちの注目を集めた。

また、メイン会場となるバレで行われたレッドカーペット・アライバルには、フォトコールに参加した4人に加え、凶悪な支配者イモータン・ジョーを演じたヒュー・キース・バーン、ジョーに捕らわれた5人の妻たち“ワイブス”から2人、トースト役のゾーイ・クラヴィッツ、フラジールを演じたコートニー・イートンらが顔を揃え、華やぎを添えた。

中でもひときわ注目を集めたのはパートナーであるショーン・ペンにエスコートされ、黄色のロングドレスで登場したセロン。強靱な女戦士とは打って変ったチャーミングな出で立ちで、視線を一身に集めた。新たなマックスを演じたトム・ハーディは、短髪にヒゲを蓄え、さらに精悍さを増した素顔を披露した。

公式上映にも最大級の注目が集まり、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ロドリゲス、ナオミ・ワッツらそうそうたるメンバーが参加し、レッドカーペットの華やぎは終始衰えることなはなかった。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、カンヌ国際映画祭での上映の後、現地時間5月15日から全米公開となる。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

公開日2015年6月20日より
劇場新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて
配給ワーナー・ブラザース映画
公式HPhttp://www.madmax-movie.jp/

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

最新映画ニュース

『ディヴァイン・フューリー/使者』2020年7月日本公開決定!特報解禁

『ディヴァイン・フューリー/使者』2020年7月日本公開決定!特報解禁

2019.12.11

地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな?『恐竜が教えてくれたこと』公開&邦題決定

地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな?『恐竜が教えてくれたこと』公開&邦題決定

2019.12.11

宮沢氷魚のキス待ちの瞬間を捉えた!!恋人同士の2人、重なりあう気持ちが最高潮に高まる 切なすぎる ”おでこコツン“ シーン撮影秘話『his』

宮沢氷魚のキス待ちの瞬間を捉えた!!恋人同士の2人、重なりあう気持ちが最高潮に高まる 切なすぎる ”おでこコツン“ シーン撮影秘話『his』

2019.12.11

「死霊館」シリーズ第3弾の原題が決定!

「死霊館」シリーズ第3弾の原題が決定!

2019.12.11

『セサミストリート』のビッグバード役キャロル・スピニー死去

『セサミストリート』のビッグバード役キャロル・スピニー死去

2019.12.11

最新映画ニュース一覧へ