eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

ベン・フォスター、役作りのためにドラッグを試していた!

2015.09.17

ベン・フォスターベン・フォスターは、新作『The Program』でのランス・アームストロング役に向けてドラッグを使用していたという。ツール・ド・フランスの勝者としてその名を知られながらもドーピング使用が発覚してタイトルをはく奪されたアームストロングを演じるにあたり、ドラッグによる影響の理解を深めるためにベンは医師監視の元、薬物を使用したのだという。その状況を個人的に理解することが役作りの上で重要だったというベンは効果が得られたとする一方で、後遺症もあったうえ精神面にも影響が出たとして、ほかの俳優たちに勧めるようなことではないと語っている。アームストロングは1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇したものの、ドーピング問題が浮上した後に本人が使用を認めたことで2012年にそのタイトルをはく奪された。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.