eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

『007 スペクター』最新映像が到着。ローマ市街を完全閉鎖!アストンマーティン、ジャガーの超豪華カーバトルが明らかに

2015.05.01


12月4日の日本公開が決定している『007 スペクター』から、イタリア・ローマを舞台にしたビデオブログ第3弾が到着した。今回は007シリーズで欠かすことのできないカーアクションについて、その片鱗がいよいよ明らかとなる。

『007 スペクター』ビデオブログ第3弾はこちら

映像はまず、すでに公開されている今回のボンドカー、アストンマーティンDB10の紹介からスタート。同車は今回の撮影用にのみ制作された、世界で8台しかない特別仕様スぺシャリティーカーということが明らかにされる。シャーシにはロールゲージが組み込まれており激しいカーアクションにも耐えられるまさにボンドスぺシャルといえる逸品だ。そのDB10と真っ向から対決する車は、同じく英国車のジャガー。

このジャガーC-X75に乗り、ボンドと対峙するのはアメリカのプロレス団体WWEでも活躍する超巨漢デイヴ・バウティスタ演じるミスター・ヒンクス。(敵役となる)デイヴは「ヒーローなるミスター・ヒンクスが邪悪なボンドを追跡する」と、“ボンドは悪者”と言わんばかりにヒーロー気取りのコメントを発する。

コンセプトカーとして発表されているC-X75のスペックは850bhpの結合出力と1,000N・mのトルクを発揮。2つの過給(ターボチャージャーとスーパーチャージャー)を備えたF1仕込みの最新鋭1.6リッター4気筒エンジンは10,000回転で502bhpを発生、0-160km/hの加速は6秒以下で達成する。 理論値としては最高速度350km/hが可能。 そして、可動式エアロフォイルも装備。まさに野獣のようなヒンクスが操るにふさわしいモンスターマシンに仕上げられた。

英国を代表するエレガントなアストンマーティンと、同じく英国を代表するジャガー。ローマ市街を封鎖して行われた超ド級のカーバトルは必見だ。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.