eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

『チャッピー』ストリートギャング役に大抜擢のダイ・アントワードをフィーチャーした特別映像公開

2015.05.07


ニール・ブロムカンプ監督最新作『チャッピー』から、AIロボット“チャッピー”を育てるストリートギャング役に大抜擢され、役名も同じく本人役で映画デビュー飾った2人、ダイ・アントワードをフィーチャーした新たな特別映像が解禁された。

『チャッピー』特別映像はこちら

南アフリカ出身のダイ・アントワードは、リードラッパーのニンジャ、サイドラッパーのヨーランディのペアに、DJのHi-Tekで構成される音楽ユニット。2009年にアルバム『”$O$”』でデビューし、アヴァンギャルドな音楽性、ヴィヴィッドなファッション、ユニークなパフォーマンスで人気を集め、YouTubeで公開されたミュージックビデオも大人気の全世界から注目される存在だ。

ニンジャとヨーランディが演じるのはヨハネスブルグのストリートギャング。ドラッグ取引のミスで、街を牛耳るボスに大金を払わねばならなくなった2人は、困り果てた末に市警が導入したばかりのロボット警官を盗み出しての銀行強盗を企み、まんまと開発者のディオンを捕まえ、ロボットを手に入れることに成功する。そして、歴史上初めてAIを搭載して誕生したロボットは、「ハッピー、チャッピー」と語呂が良いから“チャッピー”と名付けられ、味方になるようプログラミングしようと企むギャングを両親のもとで育っていくことになるのだが……。

ブロムカンプ監督は、2人の起用について「ギャングがチャッピーを育てたらというアイデアが突然浮かんだ」と語る。「僕らはニール監督の大ファンで、映画に出てくれと言われたときは震えた。しかも本人役なんだ!」と、ニンジャは驚きを隠さない。劇中では、チャッピーに銃の撃ち方から悪事のあれこれを教え込む父親的な存在を演じている。

また、自分たちのスタイルについて「服装や話し方、振る舞い方のスタイルを“Zef”と呼ぶ」と語るのは、チャッピーの名付け親となるママ、ヨーランディだ。「周りにどう思われようと気にしない。自分たちの音楽や服装、話し方を貫くこと」がポリシーだとニンジャが続ける。

実はこの2人を大抜擢した背景には、ブロムカンプ監督が求めるリアリティの追求があった。チャッピーの家となるアジトを飾り付けるために、現実世界のダイ・アントワードのアートワークや音楽を使い、映画の中のニンジャとヨーランディを融合させた。また、2 人は隠れ家のデコレーションだけでなく、イラスト、チャッピーにとってタトゥーともいえるボディペイントなど、まさに自分たちの“Zef”スタイルをふんだんに提供している。

2人との共演シーンが最も多いチャッピーの生みの親ディオン役のデーヴ・パテルは、「彼ら自身も隠れ家も、すべてダイ・アントワードそのもの。彼らを見ているとリアルな作品を作っている実感がわく」と興奮を隠さない。

全世界が注目するダイ・アントワードを両親に、ギャングスター・ナンバーワンを目指すことになったチャッピーは、果たしてどのような成長を見せるのか。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.