eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

ブロムカンプ監督、特別映像で語る。「チャッピーを生んだのは人間の優しさだ」

2015.05.14


ニール・ブロムカンプ監督最新作『チャッピー』から、特別映像が公開された。

『チャッピー』特別映像はこちら

映像中、「僕は進化の過程に興味がある。人間は進化の過程であり、我々は自ら次の形態を選ぶのかもしれない」と語るのは、撮影現場でチャッピーを動かすブロムカンプ監督。また、「本来、意識というのは、絶えず発達し、変化するもので、限界がありません」と指摘するのは、アリゾナ大学の准教授ウォルフガング・フィンク博士だ。彼は、人類史上初めてAIを搭載し、自ら感じ、考えるロボット、チャッピーには限界がないと断言する。

ロボット開発者・ヴィンセント役で、悪役を演じたヒュー・ジャックマンは、「将来起こるかも知れない事態なのに、皆見過ごしている」と、映画が描くロボットの成長に危機感をあらわにする。「確かに人工知能は便利だが、誰が作って操作するのか?」

アリゾナ大でロボットを研究するアンソニー・ロドリゲス氏は、「人工知能ロボットは自分で判断をしますが、その基準が正しいとは限りません。人間が守っているモラルや規範を持っていないかもしれません」と指摘する。

チャッピーは、ロボットのAIプログラムを開発したディオン(デーヴ・パテル)によって生み出される。しかし、実際にチャッピーを育てるのはストリート・ギャングのニンジャとヨーランディだ。正しく育てようとするディオンと、一攫千金のために味方にして銀行強盗をやらせようとするギャングの間で、チャッピーは複雑な成長を遂げていくことになる。

アリゾナ大のフィンク氏は、「ロボットが意識を持つようになるかは疑問。なぜなら、我々人間が、意識がどこから生じるのかを理解していないから」と分析する。

ブロムカンプ監督は、「高い知能レベルのロボットが、自分の生みの親である人間に共感できないなんて、僕は想像できない」と語り、「チャッピーを生んだのは人間の優しさだ」と、人類史上初めてAIを搭載したロボットSF映画『チャッピー』に挑んだ心境を吐露している。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.