eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

かつて一世を風靡した大女優の孤独と葛藤、美しさを描く極上のドラマ。ジュリエット・ビノシュ主演最新作『アクトレス~女たちの舞台~』10/24日本公開決定

2015.05.21


2014年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門で喝采を浴びた話題作『アクトレス~女たちの舞台~』(原題:SILS MARIA)が、10月24日から日本公開されることが決定した。

きらびやかな世界に生きる大女優の葛藤と孤独を、スイスの大自然を切り取った美しい映像と、シャネルの特別協力による華やかな衣装、ジュエリー、メークアップ、そして壮大なクラシック音楽とともに優雅に描き出す。

主演はジュリエット・ビノシュ、そのほかクリスティン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツら、人気女優たちの共演にも注目。

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司・ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた……。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.