eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

人権問題や未来を考えるきっかけに。『グローリー/明日への行進』トークショー付き試写会リポート

2015.06.17


6月19日公開の映画『グローリー/明日への行進』のトークショー付き試写イベントが16日に都内で行われ、ゲストとして2015ミス・ユニバース・ジャパンの宮本エリアナ氏と、国連広報センター所長の根本かおる氏が出席。映画やキング牧師について、そして、これからの日本、世界が向かっていく未来や人権問題、アイデンティティについてクロストークを展開した。
____________________________________________________________

根本氏は「この映画のパワーに圧倒されて、しばらく頭の中を主題歌『Glory』が駆け抜けていたんです」と映画の感想を述べた。
「この映画は国連で特別上映会も催されて、パン・ギムン事務総長もご覧になっています。今年2015年から2024年までを“アフリカ系の人たちのための国際の10年”としました。アフリカ系の人たちの権利がまだまだ十分に実現されてないということで、力を入れていこうという取り組みなんです。北米、中南米合わせて2億人の人たちがアフリカにルーツをもつと言われています。他の大陸も合わせるともっと数は多くなる。でも、残念ながら、いろんな形で排除され、差別を受けている人たちが特に多いということで取り組んでいます」

宮本氏も「ひとことで言えば感動しました」とうなずく。
「私は人種に対する問題を世界中に伝えようという活動をしていまして、改めてこの映画を観て、自分が今後どうしたらいいのかを考えさせられましたし、人種問題についてもう一度改めて考えさせるきっかけになりました。すごく感動しました」

根本氏は、映画で人間性についても深く描かれていたと強調する。
「ただ偉い人を描いているのではなく、1人の人間としてどう悩んでいたのか、夫婦間の問題もいろいろとありましたし、そういったものを乗り越えて、ある大きな成果を上げるまでの道のりを描いている。私もこんなに苦しいことあったなとか、こういうふうに乗り越えればいいんだという秘訣を学ぶことができる映画かなと思います」

根本氏は、人権問題について「言うは易く行うは難し」と続ける。
「1948年にできた世界人権宣言で、肌の色によって差別はあってはならないと言われました。でも、当時、アパルトヘイトもあったし、アジアやアフリカは植民地だらけで、明確なヒエラルキーがあった。ようやく世界の現実が、世界人権宣言の中身に追いつきつつあるけど、まだまだ悲しいニュースがあるし、暴動も起こったりしている。まだまだ忍耐強く言い続けることが必要なんだなと」

宮本氏も、訴え続けることが大事だと言う。
「私は、黒人と日本人のハーフですが、見た目が日本人じゃないし、肌の色が私だけ違うので、学校でもプールとかでも『肌の色が移るから一緒に入らないで』と言われたことがあります。また、白人と日本人のハーフの友達がいましたが、自ら命を断ちました。ちょうどその人から人種問題に対する相談を受けていたので、ショックでしたし、止められなかった自分がもどかしかったです。それで、今回、ミス・ユニバースという大きな舞台を使って、そういうことを訴えていければと思って出場しました」

根本氏はそれを聞いて「キング牧師みたいですね。自分の行動で周りを変えよう、あるいは、お友達の気持ちをなんだかの形で昇華させようってことで、まさに、行動に移してらっしゃって素晴らしいです」と彼女を称えた。

キング牧師は、平等な世界を夢見て「I have a dream」という有名な演説を行った。そこで、自分が夢見る未来はどのようなものかと問われた2人が、それぞれの自分の思いをフリップで披露した。

根本氏は「一人ひとりが自分らしく生きられる社会」だった。「今年は国連ができて70周年。人権の話のみならず、平和のために国連がやっていることを、力を込めて皆さんにお伝えしたいです」と訴えかけた。

宮本氏は「Love Yourself…」というフリップを掲げた。
「人のことを救いたいという人はたくさんいらっしゃると思うんですが、その前に自分をまず愛してほしい。自分を愛せないと、他の人を心の底から愛せないと思うので。私も、今までハーフのことをコンプレックスに思っていて、自分のことを好きになれなかったけど、あるきっかけで、自分のことを好きになれました。そこから、ミス・ユニバースに出よう、人前に出てこういう活動をしようと思えるようになったので、一人ひとりがまず、自分から自分を愛してほしいとすごく思います」

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.