eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

「ロッテン・トマト」で満足度99%を記録。デヴィッド・マッケンジー監督作『名もなき塀の中の王』10/10からの日本公開が決定

2015.07.07


『猟人日記』『パーフェクト・センス』などで高い評価を得た気鋭デヴィッド・マッケンジー監督の最新作『名もなき塀の中の王』(原題:Starred Up)が、10月10日より公開されることが決定した。

少年院でトラブル続きの暴力的な少年が、成人の刑務所に移送される。そこでも彼の乱暴は止むことがなかったが、心療セラピストとの出会いや、同じ刑務所内に収監されていた父親と再会によって少しずつ変わっていく。暴力でしか自分を示せず、愛を知らなかった少年が、初めて生きる希望を見つけていくが、これまでの行動を問題視していた勢力が動き始め……。

同作品は闇の暴力に支配された刑務所を舞台に、ひとりの愛を知らない不良少年が初めて生きる希望を見つけていくさまを骨太かつ鋭利なリアリズムで鮮烈に描いた物語。世界最大の批評家サイト「ロッテン・トマト」で『6才のボクが、大人になるまで。』に並ぶ満足度99%を記録したほか、世界各国の映画祭にて多数受賞し、多くの批評家を唸らせた。

主演のエリック役には期待の新星、ジャック・オコンネル。今作で凶暴さと繊細さを併せ持つ爆弾のような少年を演じきり、「新しいスターの誕生」と各方面から絶賛を受けた。刑務所内で生き別れていた息子・エリックと再会し、不器用ながら親としての愛情を注ごうとする父親ネビル役には『ダークナイト ライジング』や『アニマル・キングダム』などで国際的に活躍するベテラン俳優、ベン・メンデルソーン。また、物語のキーパーソンとなる、ボランティアで囚人たちの更正に尽力する心理療法士、オリバー・バウマー役を『プライドと偏見』などのルパート・フレンドが演じる。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.