eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

主演・ディカプリオ、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督とのタッグで悲願のオスカー獲得へ『レヴェナント:蘇えりし者』2016年春の日本公開が決定

2015.09.02


主演レオナルド・ディカプリオ、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品『レヴェナント:蘇えりし者』(原題:The Revenant)が、2016年春に日本で公開されることが決定、劇中写真も解禁された。

同作品の舞台はアメリカ西部の広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラスは、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしまう。
“生きる”という意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威の中、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃をかわし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの容赦ない旅を生き延びなければならない。はたしてグラスは、生き延びることができるのか!?

主人公ヒュー・グラスを演じるのはディカプリオ。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ブラッド・ダイヤモンド』『アビエイター』『ギルバート・グレイプ』でアカデミー賞に4度ノミネートを果たすもいまだ無冠の名優は、2013年の俳優休業宣言を覆し今作への出演を快諾。悲願のオスカー獲得を狙う。

そしてジョン・フィッツジェラルド役は、『ダークナイト ライジング』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。ディカプリオとは『インセプション』以来の5年ぶりの共演を果たす。

監督は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で2015年の賞レースを総なめにし、オスカー4冠に輝いたアレハンドロ・G・イニャリトゥ。今作では、究極のリアリティを追求するため、極寒の地で撮影を敢行。ディカプリオとハーディを本気で格闘させ、ディカプリオの鼻が折れるも、そのまま撮影を続行し、迫真の演技を極限まで引き出したというエピソードも。脚本・製作も務める。

そして、撮影監督には、『ゼロ・グラビティ』『バードマン~』で2年連続オスカーを獲得したエマニュエル・ルベツキ。『バードマン~』に続きイニャリトゥ監督とタッグを組む。今回は長回しのほか、照明機材を一切使わず、自然光だけで撮影するという前代未聞の試みで、観客を圧倒的臨場感溢れる大自然の舞台へと誘う。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.