eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

観れば恋愛したくなる!「通学シリーズ」2作品の予告編を公開

2015.09.04


11月公開の映画『通学シリーズ 通学電車』『通学シリーズ 通学途中』の2作品から予告編を解禁された。

「通学シリーズ」は小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」で生まれた人気シリーズ。その中から“最も感動を呼ぶ”と女子中高生の間で話題だった「通学電車」と「通学途中」が今回映画化され、千葉雄大、松井愛莉、中川大志、森川葵ら旬な俳優が集結した。

『通学シリーズ 通学電車』『通学シリーズ 通学途中』予告
http://youtu.be/sX-h2iJJvE8
____________________________________________________________

「通学電車」の予告編は、通学電車で見かける他校のハル(千葉)に片想いをしているユウナ(松井)が彼を見つめるシーンから始まり、ある朝ユウナが目を覚ますと、そのハルがなぜか隣で寝ているという展開。“部屋に現れたハルと、外で会うハルは人格が真逆で2人存在するのでは?”という疑惑や、ハルの辛く悲しい過去が物語の切ない展開を予感させる。
また、2人が部屋でじゃれ合ったり、ハルが「今日はこっちで寝てもイイ?」とユウナのベッドに潜り込むなど、ドキドキ&キュン死シーンの連続も必見。

一方、「通学途中」の予告編は、コンビニでバイトをしている他校のキョースケ(赤楚衛二)に恋するユキ(森川葵)が失恋するシーンからスタート。内気で恋に不器用なユキを見守るコウ(中川大志)。キョースケのバイト仲間のハル(千葉)の応援もあり、諦めずにキョースケを想い続けるユキに、自分の気持ちを抑えられず思わずキスをしてしまうコウ。葛藤しながらもユキの気持ちの整理がつくまで待つことを選択する。どんな時も自分の隣に寄り添ってくれるコウの優しさと、キョースケへの想いに悩むユキが最後に選択する運命の人は……。
コウの「ユキといると楽しくて悲しいから」や「いつだって僕はユキに会いたい」などの片想いの切ない台詞や、他の人を好きだと知っていても想い続けている姿に、きっと誰もが「私もユキになりたい!」と願うはず。
____________________________________________________________

『通学シリーズ 通学電車』
2015年11月7日より池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国にて順次公開
『通学シリーズ 通学途中』
2015年11月21日より池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国にて順次公開

配給:ポニーキャニオン
公式HP:http://tsugaku-movie.jp/
(C)みゆ・エブリスタ (C)2015「通学シリーズ」製作委員会

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.