eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

コメディ映画初主演・山崎賢人「こんなにハッピーで幸せな映画はない!」笑って幸せになれる『斉木楠雄のΨ難』ついに公開!初日舞台挨拶

2017.10.23

日時:10月21日(土)
場所:丸の内ピカデリー スクリーン1
登壇者:山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、福田雄一

 

1023_001

 
脚本・監督 福田雄一、コメディ初主演 山崎賢人ほか豪華キャストで贈る超話題作『斉木楠雄のΨ難』が、10月21日(土)より全国公開となった。21日(土)に、東京・有楽町の丸の内ピカデリーにて、初日舞台挨拶が行われ、主演の山崎賢人、共演の橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、福田雄一監督が登壇した。

 

満席に埋まった客席から、溢れんばかりの拍手と黄色い声援で迎え入れられた豪華キャストたち。初日を迎えた喜びの挨拶が主演の山崎からされると場内はのっけからボルテージMAXといった様子で大盛り上がりを見せる。

 

続くトークセッションで、MCから「面白かったシーン」を問われると、本作でコメディ映画初主演を果たした山崎は「撮影中は本当にやばかったですね。ムロさんのシーンは…」というと、名前の挙がったムロは「一番に俺がきたね!みんな、耳を澄ませて!その中身は?」と大興奮。その第一声に注目の集まった山崎だったが「……笑いました」とポツリと一言だけで、その天然っぷりに登壇者全員をずっこけさせた。「ムロさんが本番で毎回違うことをする。“ありがとうございま”とか“ありがとうございまちゅ”とか。それが無理でしたね」と、笑いの刺客に悪戦苦闘した様子を報告した。

 
妄想を炸裂させる美少女ヒロインの照橋心美を演じた橋本は「実は本編をまだ見ていなくて…チェックさせてもらえていない」と驚きのカミングアウト。すると福田監督からは「(今回の橋本には)コメディエンヌぶりを超えた何かがある。観客のみんなもびっくりしたと思う。口を大きく開けた後の顔の揺れが凄い。しかも白目。知り合いから“女の人の口の奥をあそこまで見たのは初めて”と言われた」と熱演大絶賛で、当の橋本も「関節を揺らすことが大事なんです」と、嬉しそうに答えた。

 
中二病全開のキャラクター・海藤瞬を務めた吉沢は「自分(海藤)が“漆黒の翼”というシーンは、爆笑しました」と、劇中で最も面白かったシーンを紹介しながら、壇上で実際にそのシーンを再現。福田監督も「最後の最後まで笑ったのは、吉沢亮の場面。説明セリフとかも面白すぎて一言も耳に入ってこない(笑)」と太鼓判。一方、本作関連では山崎賢人との賢人かぶり回避のために“賀来ポン太”と改名した賀来も、ここぞとばかりに「ポン!」という奇声を披露。だが予想以上に思い切りがつかず、スベッた形となり「え?わかんない、わかんない、夢?夢?怖い、怖い!客席から色がなくなった」と冷や汗ダラダラ。それでもムロからは「福田組を背負っていくのは賀来賢人!」と将来を期待されていた。

 

待望の公開初日を祝って、斉木楠雄をイメージしたピンクの“くす”玉を割るくだりでは、座長の山崎が掛け声を間違える天然ぶりを発揮したり、くす玉を割ったにも関わらず再度全員でエアくす玉割りを披露するなど、終始にぎやかな初日舞台挨拶に。

 

福田監督から「地球最後に食べたいものを聞いたら、イナゴと言っていた。彼は笑いの天才」と、その素質を認められた山崎は、最後に「念願の福田組で現場も楽しいし、舞台挨拶も楽しい。観ていただける方にも笑ってもらって、こんなにハッピーで幸せな映画はない。たくさんの方にハッピーが広がれば!」と、笑顔でメッセージを送り舞台挨拶を終えた。

 

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.