eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

全員“ワケあり”ヒーローたちが立ち向かうのは“犬も連れてる”デカく、速い、殺人目的の観光客・プレデター 怒涛の特別映像、襲来。

2018.09.14

0914_003

 

1987 年の 1 作目以降、シリーズ 3 作品と述べ 5 作品のフランチャイズを世に送り出し、米国はもとより日本を始め世界各地で多くのファンを持つ伝説的作品「プレデター」。その正当なる続編が『ザ・プレデター』として9月14日(金)に完全復活。この度、“人狩りのゲーム”を楽しむプレデターとそんなプレデターをも標的とする究極のプレデターに立ち向かう主人公と全員ワケありヒーローたちの危険度 MAXの怒涛の特別映像が到着した。

 
少年が起動させてしまったのは、元特殊部隊員で現在は傭兵の父親・クイン(ボイド・ホルブルック)がメキシコで遭遇したエイリアンの装置。隠蔽工作のため政府に監禁されたクインが、軍刑務所のバスの中で出会ったのが、到着した映像の冒頭で描かれる全員“ワケあり”のルーニーズたちだ。彼らは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみ、社会に適応できない退役軍人の集団。彼らに政府に捕まった理由を聞かれたクインは「宇宙人と戦った」と答えると、そのイカれっぷりにすぐに仲間として迎えられたように見えるが、彼らの目の前には、なんとクインが目撃したというプレデターが出現する。映像では、常にふざけあっている姿が映し出されるクインとルーニーズ。ヒーローとは程遠いように思える彼らだが、プレデターをも標的とする巨大な究極のプレデターとの死闘に身を投じていくこととなる。

 
さらに、プレデターを研究するために政府が立ち上げた極秘プロジェクト“スター・ゲイザー”の責任者(スターリング・K・ブラウン)は、巨大な身体を誇り知能も戦闘能力も通常のプレデターをはるかに凌駕する究極のプレデターについて「敵はデカく、速い、殺人目的の観光客だ」とその驚異を表現する。そして、「あのハンターは犬も連れている」という台詞通り、究極のプレデターは凶暴な数匹のプレデター犬を操っており、もはや人類は絶滅必至だ。

 

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『プレデター』で、プレデターの最初の餌食となったシェーン・ブラックが、自身の原点とも言える世界に脚本・監督として戻ってきた本作。ブラックは「30 年も愛されているんだから、プレデターの顔を見せるだけで怖がらせることは、もはやできないんだよ。だから僕らがするべきことは、あの顔をストーリーにからめて登場させて、素早く動けることを見せたり、ミステリアスな雰囲気を強調したりして、観客に“そうだ。こいつは気味が悪い奴だったんだ”と思い出させないとダメなんだ」とプレデターの脅威をみせることに注力したと明かす。

 

ブラックによって壮大なスケールの SF アクション超大作として完成した本作。人類とプレデターの死力を尽くした攻防を、予測不可能な極限のスリル、実写の臨場感にこだわった圧倒的なバトル・シーンとともに映像化されていることが到着した映像からも見て取れる。光学迷彩やサーモグラフ描写など、ファンにはたまらない描写の一方で、クインと息子の織り成す父子の絆、心に傷を負った男たちの寄せ集め集団ルーニーズの友情と男気のドラマもアツい興奮を呼び起こすこと必至だ。

 
映画『ザ・プレデター』プレデターVSならず者集団編
https://youtu.be/8zz-6PeiN5A

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2018 Liberra Inc. All rights reserved.