eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

「この“タタキ”出品させていただきます!」新時代のアウトローたちによる青春エンターテインメント!『ギャングース』第31回東京国際映画祭、特別招待作品出品決定!

2018.09.21

0921_002

 
犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描き、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画の実写映画化作品『ギャングース』が11月23日(金)に公開となるが、10月25日(木)〜11月3日(土・祝)まで開催される第31回東京国際映画祭の“特別招待作品”への出品が決定した。

 
主人公は、犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年。社会で生きる術は犯罪しかないという犯罪少年たちの実情をもとにしたリアルなストーリーラインと、個性豊かな登場人物、“タタキ”仕事のエンターテインメント性溢れる描写が評判を呼んだ青春漫画を実写映画化した本作。

 
情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは高杉真宙。また工具全般担当のカズキを加藤諒、そして車両・機動担当のタケオには渡辺大知が抜擢。サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達には、世界的ギタリストのMIYAVI。その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキ、加藤の部下で恋人のアゲハには篠田麻里子、情報屋の高田には林遣都など豪華キャストが集結している。監督と脚本には、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーに定評のある入江悠。主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメントだ。

 
今回、第31回東京国際映画祭では“特別招待作品”として上映される事が明らかになった。本映画祭での上映が、日本国内では初上映となる。公開に先駆け、いち早く鑑賞できる機会でもあり注目される。上映日は後日発表の予定。昨年の特別招待作品では『鋼の錬金術師』、『空海―KU-KAI―』、『泥棒役者』といった話題作以外にも、アカデミー賞受賞作となった『シェイプ・オブ・ウォーター』、『スリー・ビルボード』が上映されていただけに、今年の特別招待作品にも大きな期待が寄せられている。底辺の人生からの逆転劇を賭けた少年たちの勇姿を是非スクリーンでご覧頂きたい。映画『ギャングース』は11/23公開だ。

 

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2018 Liberra Inc. All rights reserved.