eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

ディズニーが描く名作「くるみ割り人形」主人公クララ役に女優小芝風花 声優初挑戦で大抜擢!! 人気声優 坂本真綾&小野賢章も参加!

2018.10.11

1011_001

 

『美女と野獣』のディズニーが、不朽の名作「くるみ割り人形」をついに映画化。時代を超えて世界中から愛され続ける物語を、ディズニーが超一流のスタッフ&キャストを結集して実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』。愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララが迷い込んだのは、 “花の国” ”雪の国” ”お菓子の国” ”第4の国”からなる<秘密の王国>だった。プリンセスと呼ばれることに戸惑うクララだったが、やがて、危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。それは、母が遺したメッセージを探す壮大な冒険の始まりだったー果たして、クララが見つける<真実>とは・・・?映画という枠におさまらない壮大なスケールで描かれる、美しすぎる映像世界-この冬、究極のプレミアム・ファンタジーが開幕!

 

主人公クララは、聡明で豊かな想像力を持つ14歳の女の子。他の女の子と少し違う彼女は一番の理解者であった愛する母を亡くし、寂しさから心を閉ざしてしまうが、 “秘密の王国”での冒険を経て成長していく。人と違うことに悩みながらも自分を必死に取り戻そうとする姿には、誰しもが共感できるだろう。「必要なものはこの中にある」という亡き母の言葉を胸に、その意味を探しに出かけたクララは、迷い込んだ”秘密の王国”で大きな戦いに巻き込まれていく。美しい王国できらびやかな衣裳を身につけた姿はまさにディズニーの新たなプリンセスと言える輝きを放っている。クララを演じるのは、子役から培ってきた演技力と経験値で、何百人という候補から見事大抜擢となったマッケンジー・フォイ。日本をはじめ世界中から注目されている若手女優だ。
主人公クララの日本語吹替え版の声優に抜擢されたのは、声優初挑戦にして抜群の演技力でオーディションから選ばれた、注目度ナンバーワン女優の小芝風花! 2015年に『魔女の宅急便』主人公キキ役で映画デビュー。その年のブルーリボン賞など、あらゆる新人賞を受賞。2016年には、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で主人公あさの長女・千代役でお茶の間の顔になるなど、着実にスターへの階段を上る彼女が、ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の主人公 “クララ”役に挑む。可憐な姿の中に持つ凛とした佇まいは、まさにクララそのもので、イメージにぴったりだったことから起用が決定した。別世界の冒険を通して大切なものに気づき成長していくクララを、演技力に定評がある小芝風花が演じる。

 
本編で主人公クララを取り巻くキャラクター達も、超豪華俳優陣が演じている。キーラ・ナイトレイやオスカー俳優のヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンら超一流たちの贅沢な共演が実現。さらに今回、”本格派”が集う日本語吹替え版キャストも発表!キーラが演じる“お菓子の国”の統治者“シュガー・プラム”役の声優には、「攻殻機動隊ARISE」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などの大人気シリーズやハリウッド超大作の若手女優を担当するなど、圧倒的な実力を誇る坂本真綾が担当。クララを壮大な別世界の冒険にいざなう“くるみ割り人形”のフィリップ役には、4歳で子役デビューしてから俳優と声優の両立で高い人気を博し、「黒子のバスケ」の主人公・黒子役で人気を不動のものにした小野賢章が決定。自身のTwitterアカウントフォロワー数は驚異の98万人を誇る、今を時めく超人気声優である。豪華スタッフ&キャストが結集したこの映画を彩る実力派声優の吹替えにも期待が高まる。

 

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2018 Liberra Inc. All rights reserved.