eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

全世界を感動の渦に包んだアリーのドラマ、そして圧巻の歌声に思わず感涙!!感動の本予告&本ポスター解禁!!『アリー/ スター誕生』

2018.11.16

1116_001

 
歌手を夢見るものの、自分に自信がなく夢を諦めかけているアリー。有名ミュージシャン=ジャクソンとの偶然の出会いが、 彼女の人生を大きく変える――。全米で驚異的大ヒット! 全世界絶賛のアカデミー賞最有力! 現代最高の歌姫・レディー・ガガ初主演×監督・主演ブラッドリー・クーパー(『アメリカン・ スナイパー』)で描く感動のエンターテイメント『アリー/ スター誕生』(12/21 日本公開)。そしてこの度、たった1分で思わず感動の涙がこみあげてしまう、圧巻の本予告とアリーとジャクソンの深い ドラマを予感させる本ポスターが完成した。

 
公開された本予告には、自分の“うた”を信じ続け、人生を切り開いてゆこうとするアリー(レディー・ガガ)と、アリーの才能を最初に見抜き、彼女を導こうとする世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)の姿が映し出される。

 
「君の歌は奇跡だ」と、超満員のステージでアリーに歌うようすすめるジャクソン。アリーは急なジャクソンの誘いに「無理よ!」と一瞬戸惑うが、ジャクソンの優しく温かい微笑みを受け、勇気を振り絞ってマイクを握る。それまで自分が“うた”にかけてきた人生を振り返り、魂を込めて…。

 
注目は主人公アリーのリアルなドラマ。容姿に自信がなく、歌手を目指すも、なかなか芽の出ないアリー。しかし彼女は自分と自分のうたを信じることを諦めない。決して折れない彼女の前向きな心は、やがて大きな奇跡を呼ぶ。魂で歌うアリーのうたは、偶然バーでアリーの姿を目にした世界的なロックスターのジャクソンの心を捉えるのだ。コンプレックスを抱え、様々な挫折を経験しながらも、自分の夢に向かって邁進するアリーの姿は、世界中の共感を呼んだ。主役アリーを演じ、映画初主演となったレディー・ガガは、「私は、私の持つすべてを注ぎ込みたかったの。最後の一滴まで、この映 画に捧げようと思ったのよ。私の持つ恐れ、羞恥心、愛、優しさ、それら全てをこの映画の為に捧げたわ。」と語り、素の自分をさらけ出したことを語った。

 
更に注目は、予告の中でアリーが歌う、メロディを聴くだけで思わず涙してしまう主題歌“シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた”。この歌は、劇中でアリー自らが作った“うた”で、彼女が自分の夢を掴むきっかけとなる重要なうただ。“シャロウ~”を初め、この映画に登場する19曲もの圧巻の“うた”は、なんとガガをはじめ音楽界のスターたちが寄り添 い書き下ろされたもの。アリーの物語をよりエモーショナルに彩る楽曲の数々は、世界中で大ヒット。発売された本作のサウンドトラックは、全米3週連続1位、そして世界83ヶ国の iTunes で1位を獲得している。この楽曲に関してブラッドリーは「音楽は、この映画の重要なキャラクターなんだ。劇中の中で、“うた”がストーリー上重要な意味を持たないことはない。うたはいつも、歌ってい る人か、それを見ている人が感じていることを語っているんだよ。」と、劇中歌の重要性を語る。

 
合わせて公開されたポスターには、アリーとジャクソンの姿が描かれ、“うた”を通した2人の深いドラマを想像させるビジュアルとなっている。“私は生まれ変わる”のコピーと共に、これから夢をつかみ取ってゆくアリーの人生を表すかのような煌びやかさと、ジャクソンの落ち着いた大人の色気を感じさせる穏やかで深みのある、しかしどこか切なさを感じさせるブルーが、観る者の心とらえて離さない。

 
ベネチアやトロントなど、世界中の国際映画で絶賛され、“フォーブス誌”など の名だたるメディアが称賛を送る『アリー/ スター誕生』は、興行面でも大成功を収めた。10 月 5 日より公開と なった全米では既に200億円を突破。現在も数字を伸ばし続けており、その勢いは止まる所をしらない。(11/13 時点 Box office MOJO 調べ※1$=112 円)全米を、そして世界を感涙させた『アリー/ スター誕生』は、遂にこの冬日本でも公開となる。この冬、アリーの歌声はスクリーンをエモーショナルに染め上げ、世界中を共感と感動で包み込む!

 

映画『アリー/ スター誕生』本予告【HD】12月21日(金)公開
https://youtu.be/6HZ27Hohtdk

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2018 Liberra Inc. All rights reserved.