eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

ジェイソン・モモアが“戦士の舞”を世界に披露!!ファン約1000人が大喚起!!『アクアマン』LA プレミア

2018.12.14

1214_001

 
ド派手とド迫力を追求し、カーアクションシリーズの最大ヒットを記録したアクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛け、今最もその最新作が期待されるジェームズ・ワン監督。彼の最新作にして今まさに世界中の話題をさらっているのが 2019 年 2 月 8 日(金)に日本公開となる『アクアマン』。この度、本作の US プレミアイベントが、ロサンゼルスのハリウッドにて開催された。

 
本作は 12/21 の全米公開そして世界に先駆け 2 週間早い 12 月 7 日に公開した中国で、オープニング興収 9,360 万ドル(=105 億 7680 万円/1ドル=113 円)をたたき出し、中国 1 か国のみの興収で、同週末の世界興収1 位を獲得するというワーナー・ブラザース映画史上最大のオープニングを記録した。さらに今月 21 日公開を控える北米では、最大手のオンラインチケットサービス「Fandango」で『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『ヴェノム』が持っていた記録を抜き、「Atom」では『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の持っていた記録を塗り替えた。また全米でも屈指の辛口映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、クリスマスシーズンに突入し『スパイダーマン:スパイダーバース』『バンブルビー』『メリー・ポピンズ リターンズ』など数々の大作公開が控える 12 月の「観客が見たい作品ランキング」で、2 位に圧倒的な差をつけて 1 位に輝くなど、世界中で異例の盛り上がりをみせている。

 
そんな全世界で話題沸騰中の本作が、21日の US 公開まで 1 週間と迫る中、主役アクアマンを演じたジェイソン・モモア、地上に迫る脅威を防ぐためアクアマンの前に現れるヒロイン メラを演じたアンバー・ハードをはじめ、アクアマンの母アトランナを演じたニコール・キッドマン、そして監督を務めたジェームズ・ワンら豪華なキャスト陣が参加した US プレミアが、ロサンゼルスのハリウッドにて行われた。会場となったチャイニーズシアターには 120 メートル以上もの長いブルーカーペットが敷かれ、更にはプロジェクション・マッピングでクラゲなどの海洋生物が精巧に描かれるなど、一面深海のように彩られた。カーペットの周りには朝から多くのファンが集まり、開演時には約 1000 人に達するなど、開演前から熱い熱気で包まれた。また今世界で話題沸騰中の本作のプレミアとあって、世界中から多くのマスコミが駆け付けた。

 

ジェイソン・モモアら豪華なキャスト陣と、監督のジェームズ・ワンがカーペットに登場すると、場内のファンは沸き返り、集まったマスコミから一斉にフラッシュがたかれた。するとカーペットを移動中に屈強な男たちに囲まれたジェイソン。一体何が始まるのかと思いきや、なんと集団でマオリ族の戦士の舞“ハカ”を披露!感極まったジェイソンは、なんと自身の武器で、伝説の槍でもあるトライデントを真っ二つに破壊!その圧倒的なパワーと迫力に、会場からは大きな拍手が贈られた。

 

レッドカーペットでのインタビューでジェイソンは、「ハイ!ジャパン!大好きだよ!!」と日本のファンに向けて挨拶をしながら、「最高の瞬間です!本当に美しい光景ですね。多くのファンに集まってもらえてとても嬉しいです。この場に家族と来ることが出来て感謝しています。今とてもワクワクしていますよ!」と大声援で迎えてくれたファンへの感謝を表した。更に「この映画には多くのテーマがあり、素晴らしい映画を何本も観たような気持になれますよ!インディ・ジョーンズやスターウォーズ シリーズを観ているような素晴らしい映画の旅路を体験することが出来ますよ!」と作品の見どころを熱く語ってくれた。

 

US プレミアの熱狂を受けながら、今週末には 40 か国以上で公開を控えている本作。21 日からはいよいよ全米でも公開となり、『アクアマン』がぶちかます更なる記録更新に期待が膨らむばかりだ!

 

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.