eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』爆笑問題 太田光、三瓶由布子・齋藤彩夏とともに息ぴったりの見事なアフレコを初披露!!

2019.03.26

日時:3月25日(月)
場所:アバコスタジオ301
登壇者:爆笑問題 太田光(アルパチ役)、三瓶由布子(おしりたんてい役)、齋藤彩夏(ブラウン役)+

0326_004

 

1967年(昭42年)より、東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活、4月26日(金)に全国公開となる。日本全国の子供たちに夢と希望を与えた同シリーズ。テレビCMで流れる「東映まんがまつり!」の元気な子どもたちの掛け声を覚えている方も多いかと思います。今回上映になる注目の4作品は、幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」!劇場版タイトルが『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』に決定した本作では、新しいお店のカレーに欠かせないスパイスが無くなる事件が発生!映画館でもおしりたんていと助手のブラウンが華麗に難事件を解決する。続いて「爆釣(ばくつり)バーハンター」から、釣りへの情熱と才能だけは誰にも負けない少年トッタが、謎の海域に潜む伝説の超大物バーソウル「“神(しん)”海魚ポセイドン」に挑む、『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』!さらに、フー、スー、チーのおかしくてキュートな3姉妹が巻き起こすおっぺけぺーな日常に、観た人からハッピーになれる『えいが うちの3姉妹』!最後には、ダンボールから作られた冒険家コンビ、ネコのヤマオリ、イヌのタニオリが伝説のお宝をさがしにダンボール惑星を大冒険する『りさいくるずー』。大人気作品てんこ盛りでたっぷり4本楽しめる、まさに“まんがのおまつり”と言うべき本作に期待は高まるばかり!この度、アルパチ役の太田光、おしりたんてい役の三瓶由布子、ブラウン役の齋藤彩夏による、公開アフレコイベントが実施された。

 
先日、29年ぶりの復活となる「東映まんがまつり」の4本作品のうちの1つ、『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』のゲスト声優に爆笑問題・太田光が決定!太田はCGアニメ『アイス・エイジ』シリーズで声優を務めているが、セルアニメーションでの声優は初挑戦になり、ちょっとぶっきらぼうな「アルパチ」というキャラクターを演じる。今回、太田と一緒にアフレコイベントに登壇したのは本作の主人公で、見た目はおしり、推理はエクセレントな名探偵“おしりたんてい”の声優を務める三瓶由布子、そしておしりたんていの助手でちょっとおっちょこちょいな“ブラウン”の声優を務める齋藤彩夏!太田は、三瓶、齋藤とともに、取材陣からも驚きの声が漏れるほど役柄ぴったりの演技をみせながら、何度もアフレコに挑戦!さらに、太田からは29年ぶりに復活する「東映まんがまつり」についての思い出のエピソードも飛び出し、大人気作品が集結した本作にふさわしい大盛り上がりのイベントとなった。

 
29年ぶりに復活する「東映まんがまつり」で上映される4作品のうちの1つで、NHK Eテレでテレビアニメ放送がレギュラー化されるなど大人気読み物シリーズとなった「おしりたんてい」の劇場版、『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』の公開アフレコイベントに沢山の報道陣が駆け付けると、ちょっとぶっきらぼうなアルパチ役のゲスト声優に決定した爆笑問題の太田光、そして、本作の主人公で、見た目はおしり、推理はエクセレントな名探偵“おしりたんてい”の声優を務める三瓶由布子、そしておしりたんていの助手でちょっとおっちょこちょいな“ブラウン”の声優を務める齋藤彩夏が登場。太田は登場して早々、会場に詰め掛けた多くの取材陣を目にすると、「こんなにいんの~」と、先日巷で話題となった記者会見を彷彿とさせるコメントで会場を爆笑の渦に!まず、アフレコへの意気込みと挨拶を兼ねて、三瓶が「今回、テレビシリーズのおしりたんていが初めて映画になるということで、今まで観たことない方にも改めて見ていただきたいと思います。そして、アルパチ役に太田を向かい入れ、本作に新しいスパイスが加わったことで、またいい味が出るのではないかと楽しみにしております。本日はよろしくお願いします」と挨拶すると、続けて齋藤は、「今回は、おしりたんていのテレビシリーズに出てきたキャラクターがオールスターメンバーで出演していてすごく楽しいかと思うので、是非沢山の方に観ていただきたいと思います。本日はよろしくお願いします」とご挨拶。太田は「子供たちに大人気ということで、おしりたんてい役の三瓶がどんな風に声を出しているのかも研究しました。なんだかお腹すいちゃったけど、どうぞよろしくお願いします」と、お昼時のイベントということもあってか、お茶目なコメントで会場を沸かせた。

 

早速、アフレコへと移った太田、三、齋藤が今回のイベントアフレコを行うシーンは、おしりたんていとブラウンがなくなったカレーのスパイスを探しにアーブナイストリートにいるアルパチを見つけて問いただすシーン!

ディレクターの合図で一回目のアフレコが始まると、シーンに合わせて見事に声を当てていく三瓶と齋藤の一方で、台本に無い台詞をしゃべりながら会場の取材陣を笑わせにかかる太田に、「あのーすみません。台本通りにお願いします。」と、ディレクターの一声が飛び、さらに会場は爆笑に包まれた!「台本通りにやると大変なんだよ~」とぼやきながらも、アフレコを再開した太田は、またしてもアドリブやボケを挟みながら、2回目、3回目と挑戦し、ディレクターからも「だんだん良くなってきました」と声がかかるほど、コツを掴んできた様子。最後には、アルパチのキャラクターにちなみ、「悪そうでコミカルにいただけますか」というディレクターからの要望にも、しゃがれた声の見事な演技を披露!三瓶、齋藤とも息ぴったりな演技に、会場の報道陣からは感嘆の声とともに拍手喝采がおくられた。

 

アフレコの感想を聞かれた三瓶は、「劇場に流れるときにどんな感じになるのか、楽しみになりましたね。今、太田の色んなアルパチのパターンを聞いたので、実際出てくるアルパチがどのようになるのか楽しみになりました!」とコメントし、齋藤も「ほかのシーンでのアルパチがどうなるのか気になりました!」と太田のアルパチに興味津々なコメント。太田は、「いやあもう完璧だったと思います。実際の収録では1人で録ったんですが、皆さんが前日に録って、僕だけなんか仲間はずれだったんです(笑)声優としてはだめだろうって思われたのかな(笑)でも、とっても寂しかったので、こうやって一緒にやれると楽しいですね!今後出る、アルパチのスピンオフシリーズでも是非お願いします。」と、早くも次回作に期待しながら、アフレコの感触を自信満々に語った。

 
さらに、今回おしりたんていに参加してみての感想を聞かれた太田は、「噂では聞いていましたがおしりたんていは子どもたちに大人気ということで、さらに東映まんがまつりは僕が子どもの時から見てきて大好きだったので、参加できたのは光栄でしたね。あとおしりたんていを観て、これが面白くて子どもに受けるというのは納得しました。我々の子どもの頃もおしりとか、おならっていうのは大好きでしたから(笑)ましてや今回は、おしりからカレーを食べますからね!なぜこれがNHKで流れるのか不思議でしょうがない(笑)」と、大人気作品に参加できた喜びを明かし、さらに「東映まんがまつり」が29年ぶりの復活ということもあり、本作に関する思い出に話題がおよぶと、三瓶は「私は、東映まんがまつりの後にタイトルが変わったアニメフェアを観ていたというのを、母親から聞きました。やはり子どもと一緒に観られるというのは素敵ですよね。」と語り、齋藤も「私も世代ではないですが、母親が毎回観に行っていたっていうのは聞きました。やはり参加できるのは光栄ですよね。」と、思い出とともに全員そろって歴史ある「東映まんがまつり」に関われる喜びを語ってくれた。

 

続いて、キャラクターの好きなところを聞かれた齋藤は、「ブラウンはおっちょこちょいでドジだけだけどすごく犬っぽくて可愛いなと思います!ほかにもマルチーズ署長など、頑張るところが可愛いチーム“犬”を応援してもらえたら!」と、ブラウンとともに犬キャラクター愛を明かすと、三瓶は、「やっぱり何といってもおしりたんていの魅力は、“おしり”が探偵をしていることかなと(笑)おしりのフォルムは、紳士だけど、赤ちゃんのほっぺのようで、アニメでも振動してブルブル震えるおしりのフォルムが大好きです(笑)」と、キャラクター愛を爆発させた。キーキャラクターであるアルパチを演じる太田は「僕は結構重要な役どころですからね。あんまり言えないです(笑)でも、実際に映像を観た時こんなに綺麗なんだ!と思いましたし、色使いも綺麗で、早く完成品が見たいなと思いました。あと、自分の役は多分今後シリーズで大事な役になっていくのではないかという予感がしますので、これからはおしりたんてい、ブラウンと3人でコンビを組んでやっていけたらと思います(笑)あと、プリキュアよりは全然面白いと思います」と、相方の田中がアフレコで参加した作品にも言及して会場を沸かせながら、今回限りのキャラクターにしてしまうのは惜しいほどのアルパチへの愛を熱弁した!

 

最後に、本作を楽しみにしている方へのメッセージとして、齋藤は「おしりたんていを知っている方も知らない方も、ご家族皆さんでみていただけたら嬉しいです」とコメント。三瓶は「男の子も女の子もお父さんもお母さんも、家族そろって観られる東映まんがまつりが29年ぶりに復活ということで、その復活の顔におしりたんていが選ばれて嬉しいし、また伝統として続いていったらいいなと思います!」と語り、太田は「まんがまつりって、アニメって言葉がなかったころからあったもので、宇宙戦艦ヤマトくらいからアニメーションっていう言葉が出てきたんですけど、最近はアニメが難しくなっちゃってね(笑)なので、子どもが気楽に見られるアニメとして楽しくみていただけたらと思います」と熱のこもったメッセージ!会場に詰め掛けた報道陣も大爆笑で、大人気作品が集結した本作にふさわしい大盛り上がりのイベントとなった。

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.