eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

『初恋ロスタイム』若い世代から人気沸騰中の“令和最注目バンド”緑黄色社会 書き下ろしで初映画主題歌に大抜擢!!爽やかな音楽が涙を誘う”エモさ”全開の本予告映像解禁!!

2019.05.17

0517_003

 
2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が実写映画化。映画『初恋ロスタイム』は、今秋9月20日(金)より全国公開することが決定した。この度、本作の主題歌には、若い世代から人気沸騰中のブレイク必至4ピースバンド:緑黄色社会が本作のために書き下ろした「想い人」に決定!緑黄色社会は今回が初めての映画主題歌抜擢となる。

 

本作は、主人公の浪人生・相葉孝司が、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇し、そこで出会った自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音ともに、毎日1時間だけ起きる、不思議な時間“ロスタイム”の切ない<秘密>に迫るラブストーリー。

 

今回主題歌に大抜擢された緑黄色社会は、愛知県出身の4ピースバンド。ボーカル・長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声をはじめ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、幅広いカラーバリエーションを持つ楽曲・サウンドを生み出すことで話題となり、2013年の10代限定音楽フェス『閃光ライオット』で準グランプリを獲得。昨年3月にインディーズで発売したアルバム『緑黄色社会』が、オリコン週間アルバムランキングでTOP20入りし、10代を中心に“リョクシャカ”の愛称で人気沸騰中の令和元年ブレイク必至の次世代最注目バンドだ。

 

初めての主題歌書き下ろしに対し、ボーカルの長屋は、「映画の主題歌のお話を頂いたのは初めてだったので、大変嬉しく、そして光栄に思います。」と感激のコメント。「原作を読ませて頂いて、自分ではない誰かを愛しく、守りたいと思う気持ちというのは、こんなにも優しくて強いものだと感じ、誰かを想うという簡単なようで思うようにいかない気持ちをテーマに、歌詞を書き進めました。Gt.小林の作った優しく力強いメロディと合わさって、多くの人の心に届く曲が出来たと感じています。」と、その出来栄えに自信を見せている。

 

また、主題歌楽曲を聞いた本作のキャスト2人は、「とても素敵な歌を作っていただきました。孝司の時音を思う気持ちとこの歌が、本当にマッチしていて驚きました。緑黄色社会さんの歌声と映画の世界観がマッチしているので、いろんな方に体感していただきたいです!」と板垣瑞生。吉柳咲良も「聴いた人の心があったかくなる曲だと思いました。特にサビの”貰った愛の分だけ返していこう”という歌詞がとても好きです…。映画を観に来て下さった全ての方に優しい気持ち、愛する気持ちの大切さをこの曲からも感じて貰えれば嬉しいです。」と喜びのコメントを寄せた。また本作の高木プロデューサーは、「「すごいインディーズバンドがいる」「絶対にブレイクするから今のうちからチェックした方がいい!」と様々な場所でよくお名前を耳にするのが「緑黄色社会」さんでした。初めて楽曲を聴いた時の衝撃は忘れられません。」とバンドとの出会いを振り返り、「本楽曲「想い人」はリョクシャカさんならではの爽やかさ・透明感をもちつつ、あたたかで、切なさもあり…「リョクシャカ至上最もエモい」楽曲と言って差し支えないのではないでしょうか。本作は板垣瑞生さんの映画初主演作であり、吉柳咲良さんの映像デビュー作であり、緑黄色社会さんの初主題歌映画です。たくさんの「初めて」が詰まったフレッシュな魅力にご期待下さい!」と映画と楽曲の夢のコラボに対する自信を力強く語っている。フレッシュなキャスト2人の眩しい初恋と、ブレイク必至の最注目バンド・緑黄色社会が生み出す切ないメロディによる、爽やかな化学反応に期待だ。

 

映画『初恋ロスタイム』予告60秒
https://www.youtube.com/watch?v=hvk7LNL4u-w

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.