eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

三吉彩花、矢口監督からの感謝の手紙に大号泣!やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明が笑顔でポーズ!満面の笑みで初日をお祝い!!『ダンスウィズミー』初日舞台挨拶

2019.08.19

日時:2019年8月16日(金)
場所:丸の内ピカデリー スクリーン1
登壇者:三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口史靖監督

 

0819_002

 
8/16(金)の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、モントリオールファンタジア国際映画祭でも“観客賞”を受賞し、世界中から注目されている矢口監督最新作『ダンスウィズミー』。8/16(金)に、三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口史靖監督が勢揃いし、初日舞台挨拶を実施しました。舞台挨拶では、「最高に笑えるコメディ・ミュージカル映画」にちなみ、キャストが撮影時の爆笑エピソード、最高に夏を楽しむプランを披露し、最後には矢口監督からヒロインの三吉彩花へ感謝の手紙があり、感動の初日となった。

 
初日舞台挨拶に登場したのは、三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口史靖監督と、豪華キャスト&監督。ヒロインを演じた三吉は「公開初日を無事迎えられ嬉しく思います。ぜひ楽しんでいってください」と感謝の気持ちを観客に伝えると、ムロが「明日の映画チケットを予約しています!自分の出演シーンで笑い声が起きているか直接確認したいと思います」と告白し、場内の笑いを誘った。そして、矢口監督は「16年前にやろうとしたことが実現しました!全国のいろんな人に観ていただきたいと思います」と喜びの気持ちを爆発させ、いよいよ封切を迎えたことに感極まった様子。

 
この日は上映後イベントということで撮影中の話になり、作品にちなみ最高に笑えたエピソードを披露することに。三吉は「撮影最終日に、3カットも残っているのに涙を流しているやしろさんの姿を見ちゃって、涙がひいちゃいました」と話すと場内は爆笑の渦に包まれ、続けてやしろが「私がごみ収集車を走って追いかけるシーンがあるんですが、意外と足が速いのがわかりました!と新事実が発覚したことを告白!chayは「円陣を組んで行われた叫びのトレーニングで、監督が『暑いんじゃー!』と叫んでいてびっくりしました」と普段とのギャップに驚いたことを明かした。

 
次に三浦が回答をする番で「そうですね、そうですね・・・」と考えながら話し始めようとすると、ムロが「えっ考えてないの!?時間結構あったよ」とすかさずつっこみをいれ大爆笑が!ムロは「三吉ちゃんが27テイクも撮った変顔のシーンなんですが、途中からこの経験が今後プラスになるんだよって思えてきてからは、自分の若い頃のことも思い出してしまいました!三吉ちゃんが今の僕くらいの年齢になるときっと笑えますよ。話がよくまとまりましたね」と深い話をしつつしっかり笑いも獲得!最後に矢口監督が「クランクアップで花束を渡したときに、宝田さんが三吉さんのほっぺにキスをした後、やしろさんの唇を奪ってて笑いがこらえきれませんでした」と暴露すると、やしろが「旦那さんがファーストキスの相手だったので、宝田さんが二人目の男性です」と秘密を打ち明け場内を沸かせた。

 
いま世間は夏休み真っただ中ということで『ダンスウィズミー』というタイトルにちなみに、キャスト同士で夏休みにしたいことを「やりたいことwithキャストの名前」形式でフリップに書いて披露することに。
三吉が、「バンジージャンプwith監督」と書いたフリップを出すと、矢口監督はすかさず「三吉さんと一緒ならやりますよ。高所恐怖症だからやらないですよね?」と高をくくって回答。すると三吉から「でも、、監督と一緒ならやります!」とまさかの回答があり矢口監督はしどろもどろに。chayは歌手らしく、「デュエットソングwithムロさん」とムロを誘うと、これにはムロが「えっ?ガチで!?chayさんがいうなら今から練習するかな」とうろたえる一幕も。

 
暑さに弱いという三浦は、「焼き肉with三吉さん」と発表し、三吉さんが食べ物をおいしそうに食べるので涼しいところでお肉を食べたいと披露。「バーベキュー」と書いていたやしろが「バーベキューを一緒にどうですか!?」と問いかけると、三浦は「涼しいならいいですよ」と徹底して暑さを避ける構えを見せ、またもや場内に笑いが巻き起こった。

 
ムロは、「走るwith三吉さん」と回答し、「函館で撮影している時に、ランニングしようと外にでると、『透け透けのシャツ』を着たスポーティーな三吉さんがいて、その格好の三吉ちゃんと一緒に走れたら絶対に面白いと思った」とカメラが回っていないときの秘話を暴露!会場中の笑いを誘った。

 

そして最後に矢口監督が三吉彩花へサプライズの手紙が読むことに。
「三吉さん、やっとこの日が来ましたね。日本中、そして世界中のあちこちで踊っている三吉さんを、僕は陰から応援してました。あまりに暑いので、涼しい日陰からでしたが‥‥。クランクインのずっと前の話です。覚えてるかな?親睦を深めるために僕とやしろさんと三吉さんの三人でご飯を食べに行きましたね。その時に、『あなたなら絶対にこの役をやれます。保証します。顔が赤くなりやすいのはCGで誤魔化せます」と言いましたが、CGは嘘です。三吉さんを安心させたくて言ったでまかせです。本当のことを言うと何の根拠もなく、ただの勘でした。でも、僕の目に狂いはなかったと今なら言えます。矢口組に参加してくれて本当にありがとう」という言葉を投げかけられると、三吉は涙を流しつつ、「ずっとプレッシャーを感じていたのですが、撮影が始まった後に一回自信をなくしてしまったんです。私が主演で大丈夫なのかなって思ったこともありましたが、こんなに温かい手紙をいただけて嬉しいです。たくさんの方に劇場に来ていただけていますし、自信が出てきました!」と苦悩がありつつも前向きになれたことを明かした。

 

最後に矢口監督は「映画は、観ていただいた方に口コミで広めていただくのが一番なんです。面白いと思った方は周りの方々にすすめてください!」と観客に呼びかけると、三吉は「いよいよ全国公開となりました。出演陣、スタッフ全員で作り上げていった作品で、歌もダンスもすべて自分たちでやりきりました。すでにたくさん笑っていただいたと思いますが、あと3回は観てくれると嬉しいです」とお客さんへの感謝を語り、温かい雰囲気の中、イベントは終了した。

 

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.