eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

『博士と彼女のセオリー』の黄金タッグ、再び奇跡の共演!!!『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』2020年1月緊急公開&邦題決定!!

2019.12.02

1202_001

 
2015年、アカデミー賞をはじめ各国の賞レースを席巻し、映画ファンを熱狂させた『博士と彼女のセオリー』。その主演コンビ、フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが、『THE AERONAUTS(原題)』で再びタッグを組む!この度、邦題を『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』として、2020年1月17日(金)より全国緊急公開が決定した。

 

舞台は1862年、ヴィクトリア朝時代のロンドン。気象実験のため、気球で前人未到の高度世界記録に決死の覚悟で挑んだ2人の、知られざる実話を描く。主演のフェリシティ・ジョーンズは【自由な気球乗り】アメリア、エディ・レッドメインは【堅物の気象学者】ジェームズを演じる。正反対の性格で対立ばかりのアメリアとジェームズは、共に飛行していく中で次第に心を通わせ、共に困難に挑んでいく。しかし高度が上がるにつれ、予想だにしない出来事が2人を待ち受けていた―。

 
圧倒的迫力で魅せるカメラワーク、驚異の映像。今から約150年前の信じがたい実話を映画化した本作。いち早く上映されたトロント国際映画祭などを受け、世界のメディアでは「『ゼロ・グラビティ』に続く劇場体感型映画!」(Indie Wire)、「想像を絶する圧倒的臨場感」(The List)など絶賛評が多数寄せらせている。また、アクションシーンが多いフェリシティについて、「ここまでフェリシティが身体を張る女優とは。間違いなく彼女の代表作の一本」(The Playlist)など、キャストに対する好評価も続々と上がり、早くも注目を集めている。

 
監督のトム・ハーパーは、正に劇場体感型エンターテイメントと言える本作について「実際に気球に乗っているような感覚になってもらえるように作った。ぜひ大きなスクリーンで手に汗握る興奮の体験をして欲しい」と熱く語っている。好奇心と勇気が、想像を超える未来につながることを教えてくれる、臨場感を限界まで極めた劇場体験型エンターテイメント『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は、2020年1月17日(金)、遂に日本上陸。

 

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.