eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

「奇跡の実話」を圧倒的臨場感と映像美で描く『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』予告編遂に解禁!

2019.12.06

1206_003

 
2015年、アカデミー賞をはじめとした賞レースを席巻し、映画ファンを熱狂させた『博士と彼女のセオリー』。その黄金コンビ、フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが再びタッグを組み、次は空の大冒険へと旅立つ『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』が2020年1月17日(金)に緊急公開決定!
舞台となるのは、1862年のロンドン。知られられざる衝撃と感動の実話に着想を得た本作は、エディ・レッドメイン扮する【堅物の気象学者】ジェームズと、フェリシティ・ジョーンズ扮する【自由な気球乗り】アメリアの二人が、気球飛行による前人未到の高度世界記録に挑む姿を描く、驚異のスペクタクル・エンターテインメントだ。二人が気球で到達したのは、高度1万2千メートル!現在ジャンボジェット機が飛行する約1万メートルに対し、気球に乗り生身で更にその上を行く高度を達成し、生還した奇跡の実話が映画化。海外メディアでは、「『ゼロ・グラビティ』に続く劇場体感型アドベンチャー」(Indie Wire)、「最高の映像体験」(VARIETY)、「圧倒的臨場感」(THE LIST)など絶賛が相次ぐ中、この度、前人未到の空の世界、そして心揺さぶるドラマを垣間見ることが出来る予告編が解禁となった!

 

19世紀当時、現在では当たり前となった「気象予報」は、荒唐無稽だと言われていた。そんな中でただ一人、気象学者のジェームズ(エディ・レッドメイン)は、天気を解明することが災害への備えや農業への応用につながり、大勢の人間の命を救えると信じ、前人未到の高みを目指していた。しかし、固い決意も虚しく、周囲の学者たちには嘲笑され打ちひしがれていた彼に、訪れた一つの<転機>。それは、優秀な気球操縦士でありながら、飛行時の事故で夫を亡くし失意に暮れていた、アメリア(フェリシティ・ジョーンズ)との運命的な出会いだった――。

 

予告映像には、様々な想いを抱きながらも共に大空へ旅立つことを決意したアメリアとジェームズに待ち受ける、未知なる衝撃体験が満載!嵐や寒さ、低酸素状態など、想像を絶する困難に、二人が決死に立ち向かうスリル抜群のシーンに加え、雲の上にどこまでも広がる青空や、鳥よりも高高度を飛ぶ蝶の群れとの出会いを映した幻想的なシーンも!この出会いは、実在した気球操縦士のエピソードを元にしたといい、正に<劇場体感型アドベンチャー>と言える、圧巻の映像となっている。音楽を手掛けたのは、『ゼロ・グラビティ』で2014年にアカデミー作曲賞を受賞し、『ベイビー・ドライバー』も手掛けたスティーヴン・プライス。劇中に流れる美しくも力強い楽曲の数々は、壮大な未知の世界観に見事にマッチし、圧倒的な臨場感を放つこと請け合いだ。

 

主演のフェリシティは、演じるアメリア役について、「彼女は、実にエネルギッシュな人よ。完全に自由な魂の持ち主だから、私は脚本を読んでアメリアを大好きになってしまって、演じていてとても楽しかったわ」とコメント。一方、ジェームズ役のエディも、「この脚本は、僕が今までに読んだどんな脚本とも全く違っていたんだ。直感的に、それが心を動かすものだと思った」と脚本を絶賛。互いに厚い信頼を寄せる“黄金コンビ”が、本作ではどんな化学反応を見せるのか。日本公開決定を受け、『博士と彼女のセオリー』以来の夢のタッグ実現に、SNSでもすでに多くの映画ファンから期待の声が寄せられている。

 
好奇心と勇気が想像を超える未来を連れてくることを教えてくれる、臨場感を限界まで極めた体感型アドベンチャー『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は、2020年1月17日(金)に公開!

 
【公式】『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』2020年1月17日(金)公開/本予告
https://youtu.be/F9FIPphnxok

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2020 Liberra Inc. All rights reserved.