eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

新境地!長澤まさみが"暗黒面"の顔を見せる!『MOTHER マザー』2020年初夏、公開決定!

2020.01.22

0122_002

 
ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活をおくる自堕落で奔放な女・秋子。しかし、彼女の幼い息子・周平には、そんな母親しか頼るものはなかった。やがて寄る辺ない社会の底辺で生き抜く、母と息子の間に“ある感情”が生まれる。そして、成長した周平が起こした“凄惨な事件”。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは——?本作で主演を務めた長澤まさみが、母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦した。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じている。製作は、『新聞記者』(19)、『宮本から君へ』(19)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した本作、『MOTHER マザー』の超特報、ビジュアルが解禁となった。

 

超特報は、不穏な映像からはじまり、「周平」と呼びかける母・秋子のカットで終わるセンセーショナルな 15 秒になっている。本作への出演は、長澤まさみが自ら選んだ。2020 年の今年、長澤の女優としての活動は、20 年目を迎え、5 月には舞台『ガー ルズ&ボーイズ』で一人芝居に初挑戦し、映画では大ヒット主演作の続編『コンフィデンスマン JP プリンセス編』の公開と実話をベースにした 『MOTHER マザー』と硬軟相反する主演作が 2 作品続く。

 

長澤まさみは、「今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました。」とこの作品を選んだ理由を話し、本作で長澤と初共演となった阿部サダヲは「脚本を読んで、親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、脆さを感じました。初共演でしたが、長澤まさみさんは、シリアスからコメディまで何でも出来る女優さんということは分かっていました。母親役の印象はあまりなかったのですが、凄くグッと来ましたよ、親子のシーン…僕はいないシーンです(笑)」とコメント。

 
監督・脚本を務めた大森立嗣は「“女”として破滅的なキャラクターである秋子が、一方では、子供をなめるように育ててきた“母”でもあるという一人の女性の大きな隙間をどのように描くかということに監督としてのやりがいを感じました。秋子は、強烈で想像を超えたキャラクターなので演じるのが大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。長澤さんの非常によい表情を収めることができたと思います。」と話す。これまで数々の女優賞に輝き、役者として新しい段階にはいった長澤まさみが、阿部サダヲ、大森立嗣監督と挑む異色のエンターテイメント作品、映画『MOTHER マザー』は、初夏、全国公開。

 

秋子役 長澤まさみ コメント
今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました。今回私が演じる秋子は、視点の違いで、理解が大きく変わる独特なキャラクターです。初共演の阿部さんは、集中力が高くて、神出鬼没で妖精みたいな人でした(笑)空気のように現場になじんでいて、本当に天才的な方だと思いました。大森組の現場の雰囲気が良く、共演した子供たちが本当に生き生きと演じていて、監督が現場を作るんだと改めて感じた現場でした。

 

遼役阿部サダヲ コメント
なかなかこのような役(全く思い入れることが出来ないダメな男)を頂く機会がないと思いましたし、大森監督、長澤さんとご一緒した事がなかったので、この役を演じてみたいと思いました。脚本を読んで、親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、脆さを感じました。初共演でしたが、長澤まさみさんは、シリアスからコメディまで何でも出来る女優さんということは分かっていました。母親役の印象はあまりなかったのですが、凄くグッと来ましたよ、親子のシーン…僕はいないシーンです(笑)

 

監督・脚本大森立嗣 コメント
港さんと脚本を組み立てていく中で“女”として破滅的なキャラクターである秋子が、一方では、子供をなめるように育ててきた“母”でもあるという一人の女性の大きな隙間をどのように描くかということに監督としてのやりがいを感じました。秋子は、強烈で想像を超えたキャラクターなので演じるのが大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。長澤さんの非常によい表情を収めることができたと思います。

 

映画『MOTHER マザー』超特報
https://youtu.be/IclADtvODns

新着記事

ニュース一覧へ

(c)2020 Liberra Inc. All rights reserved.