eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

大倉忠義×成田凌 水城せとなの傑作コミックを行定勲監督が映画化!『窮鼠はチーズの夢を見る』「窮鼠シリーズ」11年ぶりの完全新作よみきり掲載!!

2020.01.23

0123_001

 

大倉忠義主演作『窮鼠はチーズの夢を見る』の公開日が2020年6月5日(金)に決定した。原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」/「爼上の鯉は二度跳ねる」。主人公・大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』(13)に続き、単独主演を務める大倉忠義。学生時代から「自分を愛してくれる女性」と付き合い、受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突如想いを告げられ、今ヶ瀬の一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていきます。そして、そんな恭一を好きになってはいけないと頭ではわかりながらも、彼への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉を、『愛がなんだ』(19)、『カツベン!』(19)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務める。

 
メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』(18)に続き、本作では、揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に時に大胆に描く。

 
今回、映画化を記念し、原作者の水城せとなが描きおろした「窮鼠シリーズ」11年ぶりの完全新作よみきり「ハミングバード・ラプソディ」が月刊フラワーズ3月号(1月28日発売)にて掲載される。「窮鼠はチーズの夢を見る」の番外編となる新作では、現在に繋がる、今ヶ瀬の過去のある出来事が描かれている。また、表紙も描きおろしとなっている。そして4月10日には、映画の原作となる「窮鼠」シリーズ2冊をまとめた「窮鼠はチーズの夢を見る 完全版」(仮)が発売となる。

 

完成した映画をひと足早く鑑賞した水城は、「素晴らしい演者さんたちの見逃せない瞬間がたくさんあり、原作にある場面も映画オリジナルの場面も、何度も見たいと思っていただけるようなシーンが満載」と絶賛のコメントを寄せている。

 

新着記事

ニュース一覧へ

eo映画の提供終了のお知らせ

このたび、eo映画は2020年3月17日(火)をもちまして、サービス提供を終了させていただくことになりました。

ご利用いただいております皆さまには、ご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げますとともに、これまでのご愛願に厚く御礼申し上げます。

(c)2020 Liberra Inc. All rights reserved.