eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

人間ドラマの名手が挑む、不条理なコメディ

ストーリー

かつてヒーロー映画「バードマン」でスターになったリーガンだったが、今は長いスランプ中。次なる代表作に巡り会わずに20年が経っていた。資産もほとんど遣い果たした彼は、失意の日々から抜け出すため、自身の脚色・演出・主演で初めてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。演目はレイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」。しかし、プレビュー公演の前日に共演者の一人が怪我をして降板してしまう。

解説

『アモーレス・ペロス』や『バベル』など話題作を手掛けてきたメキシコ人監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥによる本作は、かつてのスターで今は落ち目の俳優が、現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いた不条理ブラックコメディ。起死回生のため企画したブロードウェイ舞台で復活しようとする中で、娘とのトラブルや新進俳優の脅威に精神的なダメージを重ねていく…。かつて“バットマン”を演じたマイケル・キートンが主人公を熱演してアカデミー賞主演男優賞にノミネート。まるでワンカットで撮影されたと見紛う、流れるようなカメラワークは、『ゼロ・グラビティ』でオスカーを受賞したエマニュエル・ルベツキの撮影。

詳細

  • 公開日
  • 2015年4月10日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
  • 配給
  • 20世紀フォックス映画
  • 製作国
  • アメリカ(2014)
  • ジャンル
  • コメディ 
  • スタッフ
  • 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    出演:マイケル・キートン/エドワード・ノートン/エマ・ストーン/ザック・ガリフィアナキス/ナオミ・ワッツ

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の5月27日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは5月27日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.