eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
インヒアレント・ヴァイス
インヒアレント・ヴァイス
インヒアレント・ヴァイス

インヒアレント・ヴァイス

70年代のLA。ヒッピー探偵に事件が舞い込む

ストーリー

1970年のLA。ボロアパートに住む私立探偵ドックの前に、元カノのシャスタが突然現れた。妻のいる男と付き合っている彼女だが、その男の妻の悪巧みを暴いて欲しいと言うのだ。しかもその男は、不動産業界の大物ウルフマン。ドックはウルフマンが関わっている工事現場を訪れるが、誰かに殴られてしまう。目覚めると、隣にウルフマンのボディガードの死体が!ロス市警の取り調べを受けるドック。やがてウルフマンの失踪が明らかになり…。

解説

映画ファンから常に新作が注目されているポール・トーマス・アンダーソン監督。本作は、1970年のロサンゼルスの空気を再現したオフビート・ノワール。原作は、ノーベル文学賞候補の常連トマス・ピンチョンの小説。主人公は、常にマリファナを吸って“イイ気分”のヒッピー探偵で、事件を解決する気があるのかないのかとぼけた感じ。悪徳刑事、弁護士、ネオナチ、FBI、ギャング、娼婦、ミュージシャン、占い師…、さまざまな人々がドックの前に現れ、謎の答を導き、あるいは混乱させて行く。しかし、やる時はやるが、基本は“人ごと風”のドックのキャラのおかげで、この話をどこかのほほんと見ていられる。私立探偵ドックを演じるのは、作品の度にイメージをガラリと変える俳優のホアキン・フェニックス。

詳細

  • 公開日
  • 2015年4月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田ほか全国にて
  • 配給
  • ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国
  • アメリカ(2014)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス コメディ
  • スタッフ
  • 監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
    原作:トマス・ピンチョン
    出演:ホアキン・フェニックス/ジョシュ・ブローリン/オーウェン・ウィルソン/リース・ウィザースプーン/ベニチオ・デル・トロ

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「インヒアレント・ヴァイス」の5月25日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは5月25日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.