eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
恐怖分子 デジタルリマスター版
恐怖分子 デジタルリマスター版
恐怖分子 デジタルリマスター版

恐怖分子 デジタルリマスター版

エドワード・ヤンの名を知らしめた傑作

ストーリー

早朝の街に響き渡る銃声。犯罪の現場となった古アパートから逃げ出した混血の少女シューアンの姿を、偶然カメラに捉えたシャオチェン。同僚の突然の死を出世のチャンスと思い上司にアピールする医師のリーチョンと、執筆に行き詰まる小説家の妻イーフェン。母親に家の中に閉じ込められたシューアンは苛立ちが募り、いたずら電話を掛け始める。シャオチェンはシューアンの写真がもとで彼女と喧嘩し、例の古アパートに住み始める。

解説

2007年に59歳の若さで死去した映画監督エドワード・ヤン。「台湾ニューシネマ」を代表する監督として知られる彼の3作目の長編映画が本作だ。舞台は80年代の台北。ひとり少女がかけた1本のいたずら電話によって、カメラマンとその恋人、女性作家と医師の夫、その元恋人、不良少女、刑事など、何のつながりもなかった人々の間に奇妙な連鎖反応が生じ、やがて悲劇が巻き起こる。いたずら電話や夫婦の不和、不倫といった事象を鋭敏なタッチで切り取るその作風は、本作に続くエドワード・ヤン監督作品で独自のスタイルとして確立されていっており、興味深い。86年台湾金馬奨グランプリはじめ、各国の映画祭で絶賛されたものの、日本での正式な劇場公開は2015年が初めて。ヤンのデビュー作を収録したオムニバス映画『光陰的故事』も併映。

詳細

  • 公開日
  • 2015年3月14日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
  • 配給
  • フルモテルモ、コピアポア・フィルム
  • 製作国
  • 香港=台湾(1986)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ
  • 監督:エドワード・ヤン
    出演:コラ・ミャオ/リー・リーチュン/チン・シーチェ/クー・パオミン/ワン・アン/マー・シャオチュン/ホアン・チアチン

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「恐怖分子 デジタルリマスター版」の10月23日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは10月23日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.