eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
夫婦の危機
夫婦の危機

夫婦の危機

モレッティ監督が描くコメディドラマ

ストーリー

ブルーノ・ボノーモは、タランティーノより遥か以前にB級映画の価値を見出したほど目利きの映画プロデューサーだったが、このところはヒット作に恵まれていなかった。それだけでも散々なのに、銀行から借入金返済を迫られ、お抱えの監督には逃げられ、目も当てられない毎日。その一方、かつてブルーノが製作するB級映画に出演し、女優として人気を集めた妻パオラは引退。2人の息子を育てながらコーラスの練習に励み、充実した日々を送っていた。だが、お決まりのように、ブルーノの女優たちとの度重なる浮気が原因で今や離婚寸前。新作『コロンブスの帰還』は資金がショート。そんなある日、自作の上映会場で赤ん坊を抱いた監督志望の若い女性テレーザから、映画『カイマーノ』の脚本を手渡される。切羽詰まっていたブルーノは、短編経験しかないテレーザを無謀にも『カイマーノ』の監督に起用。ところが案の定、現場は混乱。改めて脚本をじっくり読んでみたところ、それはイタリア首相のベルルスコーニを糾弾する映画だったのだ。だが、それが分かった時には後の祭りで……。

解説

元敏腕映画プロデューサーが、若い女性の脚本を映画化しようとしたことをきっかけに騒動が巻き起こる様子を通じて、家庭や仕事、イタリア政治の危機を描くコメディ。監督は『息子の部屋』のナンニ・モレッティ。ベルルスコーニ役はトリプルキャストで、3人目はモレッティ監督自身が演じている。(作品資料より)

詳細

  • 公開日
  • 2015年6月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開
  • 配給
  • パンドラ
  • 製作国
  • イタリア(2006)
  • ジャンル
  • ドラマ コメディ
  • スタッフ
  • 監督:ナンニ・モレッティ
    出演:シルヴィオ・オルランド/マルゲリータ・ブイ/ジャスミン・トリンカ/エリオ・デ・カピターニ/ミシェル・プラシド/ナンニ・モレッティ/ジュリアーノ・モンタルド
字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「夫婦の危機」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは11月21日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.