eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
フリーダ・カーロの遺品−石内都、織るように
フリーダ・カーロの遺品−石内都、織るように
フリーダ・カーロの遺品−石内都、織るように

フリーダ・カーロの遺品−石内都、織るように

石内都×フリーダ・カーロ 50年後の遺品

ストーリー

2012年、フリーダ・カーロの遺品を撮影するプロジェクトが立ち上がり、依頼を受けたのが世界的な写真家・石内都。《青の家》を訪れた石内の前に、フリーダの伝統衣装やアクセサリー、絶え間ない身体の痛みを想起させるコルセットや医薬品等、膨大な数の遺品が一つ一つ並べられていく。それは喜びや誇りとともに様々な“痛み”を抱えながらフリーダが生きていた証であると同時に、彼女の記憶をも内包しているようだった。

解説

2004年。死後50年を経て、フリーダ・カーロの遺品が封印を解かれた。本作では、石内都の3週間に渡る撮影過程に密着取材。写真家が遺品を見つめ、これまでのイメージから解き放つようなフリーダ・カーロ像を、写真として発見していく過程を丹念に映像に収めた。監督は『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』で、国内外で高く評価された小谷忠典。石内都の創作過程を追いながら、遺品の背後に広がる、メキシコの風土、引き継がれる伝統、現在を生きる女性たちの姿をも捉えた。フリーダ・カーロが生きていた証とそれらを写し取った写真が、時間と場所を越えて旅をする、“記録と記憶”を巡るドキュメンタリーがここに誕生。

詳細

  • 公開日
  • 2015年8月8日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
  • 配給
  • ノンデライコ
  • 製作国
  • 日本(2015)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ
  • 監督・撮影:小谷忠典
    出演:石内都

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「フリーダ・カーロの遺品−石内都、織るように」の6月24日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは6月24日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.