eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
美術館を手玉にとった男
美術館を手玉にとった男
美術館を手玉にとった男

美術館を手玉にとった男

30年間、美術館に贋作を寄付し続けた男

ストーリー

2011年、アメリカの美術館に展示されていた多くの絵画が贋作である事が発覚。それらはマーク・ランディスという男が“慈善活動”で寄贈していたものだった。そのジャンルは幅広く、特定の作家ではなく、15世紀のイコンからピカソ、シュルツなどのマンガ作家、リンカーンの文書にいたるまでさまざま。しかしすべて“寄付”なので、犯罪に問う事はできなかった。カメラはランディス、そしてランディスを追い続けている男の姿を映し出す。

解説

「アメリカ中の美術館を騙した贋作作家」と言うと、どんな人間をイージするだろう。贋作を売ったお金で優雅な暮らしをしている? それとも画家として認められなかった事から世間に復讐する男? カメラが映し出す贋作家ランディスは、そんな先入観をあっさり裏切る。「相当絵の勉強をしたのだろう」と思いがちだが、彼は独学で絵の技術を覚え、大型画材店で普通に売っている画材を使う。そしてまず、自分では悪い事をしているとは思っていない。一見コワオモテのランディスだが、出てくる声はか細く、柔和だ。友達はいないが人間嫌いではない。統合失調症や行動障害と診断され、社会に疎外感を持っていたランディスにとっては、これは“使命”だったのだろう。カメラはランディスの行為の理由のヒントを、我々に見せてくれる。

詳細

  • 公開日
  • 2015年11月21日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
  • 配給
  • トレノバ
  • 製作国
  • アメリカ(2014)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ
  • 監督:サム・カルマン/ジェニファー・グラウスマン
    共同監督:マーク・ベッカー
    出演:マーク・ランディス/マシュー・レイニンガー/アーロン・コーワン/ジョン・ギャッパー

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「美術館を手玉にとった男」の1月20日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは1月20日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.