eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

街を疾走する犬たちが圧巻。少女と犬の物語

ストーリー

13歳の少女リリは、母親の長期出張の間、離婚した父親のもとに預けられた。父ダニエルは大学教授の仕事も辞めて、今は食肉工場で働いている。そんなリリの心の拠りどころは、飼い犬のハーゲンだった。しかしある日、ダニエルはリリの反抗的な態度に怒り、ハーゲンを遠くへ置き去りにしてしまう。野良犬となったハーゲンは、やがて拾われた先で闘犬として訓練されていく。一方、リリはハーゲンを探して町をさまよっていた…。

解説

カンヌ国際映画祭で、「ある視点」部門グランプリとパルムドッグ賞を獲った話題作。ただし、孤独な少女とその愛犬の感動物語と思って見ていると、途中で面食らうだろう。路上に捨てられた犬のハーゲンが、闘犬として訓練(虐待に近い)されたり、収容所に連れて行かれたりする中盤は、犬好きには辛いシーンが続く。しかしその後すぐに、少女との感動的な再会が待っている訳ではない。ハーゲンは人間への怒りを覚え、収容所の犬たちを連れて脱走するのだ。町を駆け抜けていく200匹近い犬たちの姿はこの映画最大の見せ場である。しかも犬たちは、人に牙をむいて反抗するのだ。終盤に向かって映画は寓話的色彩を帯びていくが、観終って気づくのは、この犬たちが実は移民や格差のメタファーにもとれる事だ。

詳細

  • 公開日
  • 2015年11月21日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて
  • 配給
  • シンカ
  • 製作国
  • ハンガリー=ドイツ=スウェーデン(2014)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ
  • 監督:コーネル・ムンドルッツォ
    出演:ジョーフィア・プショッタ/シャーンドル・ジョーテール

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」の8月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは8月18日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.