eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース

サム・ペキンパー 情熱と美学

サム・ペキンパー、その孤高の生涯

ストーリー

法律家の父が支える家父長制の厳格な一家に生まれた少年、詩を愛する繊細な青年、鬼軍曹の仮面を被った監督、そして薬物に苦しみながらも多くの仲間に愛し愛された男。多くの証言から、一人の男の孤独な戦いが硝煙と共に立ち上がる。没後30年を経た今もなお、その妥協のない徹底した映画監督としての姿勢も相俟って国内外を問わず多くの著名な映画人に影響を与え続け、いまや伝説となっている彼の人生。その肖像は、悲劇と滑稽、成功と敗北、そして愛に満ちたものだった……。

解説

南北戦争時代、北軍兵の頭皮を剥ごうとした南軍兵への復讐を描いたデビュー作『荒野のガンマン』、時代に取り残されたアウトローたちの壮絶な最後を描いた映画史に燦然と輝く傑作『ワイルドバンチ』、スティーヴ・マックイーン主演の男と女の逃走劇『ゲッタウェイ』、戦争の狂気と哀しみを描きカンヌ映画祭国際批評家連盟賞を受賞した『戦争のはらわた』など、革新的なスローモーション撮影によるバイオレンス描写で“血まみれのサム”という異名を持つサム・ペキンパー。シネフィルや映画製作者の間ではまさに映画の教科書・神話のような存在だが、同時に、商業主義のスタジオやプロデューサーとの絶えることのないトラブルの多さから、鬼のような怒れる存在と考えられてきた。そういったスキャンダルや対立も影響し、59歳で亡くなるまでに監督した作品は14本と多くはない。監督を務めたのは、映画史家であり映画製作者でもあるマイク・シーゲル。eBayで自身の膨大なコレクションの一部を売り、その資金と情熱で撮り上げた。(作品資料より)

詳細

  • 公開日
  • 2015年9月26日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
  • 配給
  • 太秦
  • 製作国
  • ドイツ(2005)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ
  • 監督:マイク・シーゲル
    出演:サム・ペキンパー/アーネスト・ボーグナイン/ジェームス・コバーン/クリス・クリストファーソン/R・G・アームストロング/アリ・マッグロウ

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「サム・ペキンパー 情熱と美学」の2月23日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは2月23日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2017 Liberra Inc. All rights reserved.