eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜
モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜
モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜

モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜

音楽が二人を結び、再びチャンスを与える

ストーリー

長い間付き合ってきたカップル、リアムとナタリーは、破局を迎えた今、二人の持ち物を部屋で分けていた。その中にUKバンドの“blur”のCDを見つけたリアムは、二人の出会いの頃を思い出す。、リアムはバンド、ナタリーはアルバムジャケットを描くという夢を持っていた。しかしバンド活動を支えるため、ナタリーは夢を諦めて就職する。やがて、バンドが売れない事を社会のせいにするリアムにナタリーは疲れ、別れ話を切り出すが…。

解説

タイトルの『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』は、UKロックファンならご存知だと思うが、ブリットポップの雄ブラーが、1993年に出した2ndアルバムと同タイトル。そのブラーのベスト盤が新作として店頭に並ぶ設定だから2000年頃だろう。インディーズバンドのギター&ボーカルが主人公で、名前が“リアム”というのも、UKロックファンならクスリとするはず。スターバックス、iPhone、YouTube、デジタル配信といった社会の発展に、主人公の青年はついていけず、ロッカーなのに保守的。一方、女性の方はたやすく時代の変化に対応できると、対照的に描かれている。ロックをキーワードにした本作は、2000年から2010年代に青春期を過ごした人なら特に惹かれる、細かい設定が散りばめられた作品。

詳細

  • 公開日
  • 2018年11月9日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて
  • 配給
  • S・D・P
  • 製作国
  • イギリス(2017)
  • ジャンル
  • ドラマ ラブ・ストーリー Music/ミュージカル
  • スタッフ
  • 監督:ダニエル・ギル
    出演:ジョシュ・ホワイトハウス/フレア・メーバー/イアン・ハート

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

新梅田シティー

シネ・リーブル梅田

11:35 18:55

難波

なんばパークスシネマ

10:35 13:40

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは11月18日(金)から11月23日(金)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2018 Liberra Inc. All rights reserved.