eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
バジュランギおじさんと、小さな迷子
バジュランギおじさんと、小さな迷子
バジュランギおじさんと、小さな迷子

バジュランギおじさんと、小さな迷子

迷子の少女を国境を越えて送り届ける感動作

ストーリー

パキスタンの山岳地帯の小さな村に住む少女シャヒーダーは、幼い頃から声が出ない。心配した母親に連れられてインドの聖者廟まで願掛けに行くが、パキスタンに戻る途中でひとり取り残されてしまう。そんな中、出会ったのがパワンだった。正直者のパワンは、父の友人の家に居候しながら、シャヒーダーを預かる。やがてパワンはシャヒーダーがパキスタンのイスラム教徒と知って驚くが、彼女をなんとか親元に送り届けようと国境を越える決意をする。

解説

2015年にインドで公開されると、『ダンガル きっとつよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』に次ぐインド映画世界歴代興行収入第3位という大ヒットを飛ばした感動作。インドで迷子になったパキスタンの少女を、政治や宗教などの対立を抜きにして、ただ送り届ける主人公に多くのインド人が共感したという。主人公のパワン(バジュランギおじさん)を演じるのは、インド映画の大スター、サルマン・カーン。アクション映画のイメージが強い彼だが、本作では「バカ」がつくほど正直でお人好しなインド人青年を演じている。ヒンドゥー教徒で猿の神ハヌマーンを強く信仰している主人公が、少女がイスラム教徒と知って驚くあたりは、多くの宗教が混在しているインドらしい。パワンの素朴な善意が人々の感情を動かし、インドとパキスタンの対立を乗り越えていく姿は、人々の願いでもあるのだろう。また砂漠から雪山まで、パワンとシャヒーダーの旅の背景に出てくるインドの美しい自然も本作の魅力のひとつ。

詳細

  • 公開日
  • 2019年1月18日より新宿ピカデリーほか全国にて順次公開
  • 配給
  • SPACEBOX
  • 製作国
  • インド(2015)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ
  • 監督:カビール・カーン
    出演:サルマン・カーン/ハルシャーリー・マルホートラ/カリーナ・カプール/ナワーズッディーン・シッディーキー

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

梅田

テアトル梅田

各劇場にお問い合わせください

岸和田

ユナイテッド・シネマ岸和田

各劇場にお問い合わせください

守口・枚方・寝屋川

ユナイテッド・シネマ枚方

各劇場にお問い合わせください

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは3月23日(金)から3月29日(金)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.