eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
ちいさな独裁者
ちいさな独裁者
ちいさな独裁者

ちいさな独裁者

終戦間近のドイツで独裁者として振る舞った男

ストーリー

第二次世界大戦末期の1945年4月、敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。部隊を脱走したヘロルトは、道端に打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身にまとって大尉に成りすました彼は、ヒトラー総統からの命令と称する架空の任務をでっち上げるなど言葉巧みな嘘をつき、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせるが…。

解説

『RED/レッド』などのロベルト・シュヴェンケ監督が母国ドイツで撮り上げた本作は、ドイツ敗戦直前の混乱期に起こった信じがたい実話の映画化。偶然にもナチス将校の軍服を手に入れた名もなき一兵卒が、瞬く間にヒトラーをも想起させる怪物的な“独裁者”に変貌を遂げていく姿を描き出す。軍服が象徴する権力の魔力に魅了される者、そのパワーに盲従する者。そんな人間の醜さ、愚かさ、弱さを容赦なくえぐり出す映像世界に息をのまずにいられない。へロルトを『リスボンに誘われて』などのマックス・フーバッヒャーが演じている。俳優たちがショック状態になってしまうような苛烈なシーンの撮影を乗り越え、作品に確かなリアリティを与えている。

詳細

  • 公開日
  • 2019年2月8日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて
  • 配給
  • シンカ、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
  • 製作国
  • ドイツ=フランス=ポーランド(2017)
  • ジャンル
  • ドラマ 戦争
  • スタッフ
  • 監督・脚本:ロヴェルト・シュヴェンケ
    出演:マックス・フーバッヒャー/ミラン・ペシャル/フレデリック・ラウ/ベルント・ヘルシャー

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

新世界

新世界国際劇場

各劇場にお問い合わせください

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは5月20日(金)から5月24日(金)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.