eo

eonet.jp映画

My映画館

メニュー

作品 興行成績ランキング 映画館 ニュース プレゼント
作品 映画館 ニュース
ソローキンの見た桜
ソローキンの見た桜
ソローキンの見た桜

ソローキンの見た桜

日露戦争時代のロミオとジュリエット

ストーリー

2018年、新人TVディレクターの桜子は、先輩・倉田の指示によりロシア人墓地の取材を皮切りにロシアにいくことになるが、興味を持てない。そんな中、祖母・菊枝から、自身のルーツがロシアにあることを教わる。祖母の手元には、日露戦争時代に看護師をしていた先祖・ゆいの日記が残されていた。ロシア兵と日本人看護師の日記を紐解いていくうちに、桜子はある事実を知る……。日露戦争時代。ゆいは弟・健二を戦争で亡くしロシア兵を許せずにいたが、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることになる。当時、世界から一流国として認められるため、日本はハーグ条約遵守を意識し、ロシア兵捕虜のアルコールの購入や外出などの自由を認めており、松山市民とロシア兵捕虜は交流を深めていく。ロシア兵を憎む一方でソローキンの寛大な心や女性を敬う考え方に惹かれていくゆい。ソローキンもまた、ゆいの心の奥の悲しみを取り除きたいと願い始める。しかしソローキンが捕虜となったのはある密命のためであり、ロシア革命に加わろうと収容所を脱出し帰国することにした彼はゆいも連れて帰ろうとするが……。

解説

日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初の捕虜収容所をモチーフにした、日露合作の悲恋物語。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門グランプリに輝いたラジオドラマ「〜松山ロシア人捕虜収容所外伝〜ソローキンの観た桜」を映画化。監督はオールロシアロケ作品『レミニセンティア』の井上雅貴。(作品資料より)

詳細

  • 公開日
  • 2019年3月22日より角川シネマ有楽町ほか全国にて
  • 配給
  • KADOKAWA
  • 製作国
  • 日本(2019)
  • ジャンル
  • ドラマ ラブ・ストーリー
  • スタッフ
  • 監督・脚本・編集:井上雅貴
    出演:阿部純子/ロデオン・ガリュチェンコ/山本陽子/アレキサンドル・ドモガロフ/六平直政/海老瀬はな

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「ソローキンの見た桜」の6月17日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。

モーニング
レイトショー
オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは7月17日(木)から1月1日(木)までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。

(c)2019 Liberra Inc. All rights reserved.