eo

eonet.jp

カフェ・ド・フロール

分かちがたい魂の帰る場所


カフェ・ド・フロール

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

カフェ・ド・フロール

1969年のパリ。シングルマザーのジャクリーヌは、ダウン症の息子ローランに深い愛情を注いでいた。ある日、普通学校に通うローランのクラスにダウン症の少女ヴェラが転入してくる。たちまち惹かれあった2人は片時も離れようとしなくなる。現代のモントリオール。40歳のアントワーヌは恋人ローズと情熱的に愛し合っている。一方、離婚の傷が癒えない前妻キャロルは、頻繁に夢に出てくる少年の存在に悩まされていた。


解説

人は出会いと別れをくり返して生きて行く。そこには悲劇もあれば、許しの時ある。アカデミー賞三冠に輝く『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督が、故郷ケベックと時空を越えたパリを舞台に描く愛の物語。二つの世界をつなぐのはマシュー・ハーバートの名曲「カフェ・ド・フロール」だ。たったひとりで息子を守りぬこうとするジャクリーヌを熱演するのは、『ジゴロ・イン・ニューヨーク』への出演も記憶に新しいヴァネッサ・パラディ。アントワーヌを演じるのはこれが俳優デビューとなるミュージシャンのケヴィン・パラン。運命の恋人ローズを演じるのは『トム・アット・ザ・ファーム』のエヴリーヌ・ブロシュ。


公開日2015年3月28日より恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給ファインフィルムズ
制作国カナダ=フランス (2011)
ジャンルドラマ 
公式サイト
スタッフ監督・脚本:ジャン=マルク・ヴァレ
出演:ヴァネッサ・パラディ/ケビン・パラン/エレーヌ・フローラン/エブリーヌ・ブロシュ/マラン・ゲリエ/アリス・デュボワ
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「カフェ・ド・フロール」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「カフェ・ド・フロール」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「カフェ・ド・フロール」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは11月21日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。