eo

eonet.jp

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター

写真家サルガドの足跡を追うドキュメンタリー


セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター

モノクロを基調とし、人間の死や破壊、腐敗といった根源的なテーマと、その荘厳な作風から「“神の眼”を持つ写真家」とも言われるセバスチャン・サルガド。30代でカメラマンとなった彼は、40年かけて世界中を巡っている。写真家であると同時に環境問題にも取り組む彼は、2004年にプロジェクト「Genesis」を始める。そして遊牧民のシベリア横断や、熱気球から撮影した水牛の群れなどを発表していく。


解説

“神の眼”を持つ写真家と呼ばれるブラジル出身のセバスチャン・サルガドにスポットを当てたドキュメンタリー。『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』といったドキュメンタリー映画でも名作を輩出しているヴィム・ヴェンダースと、サルガドの息子ジュリアーノ・リベイロ・サルガドが、それぞれの視点から写真家サルガドの足跡を解き明かしていく。30代から40年間、世界中で写真を撮り続けてきた彼の作品は根源的なテーマを扱っており、モノクロを基調とした作品の数々は、写真と呼ぶにはあまりにも美しく荘厳だ。本作は各国の映画祭で賞賛され、2015年のアカデミー賞で長編ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされた話題作。


公開日2015年8月1日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて
配給RESPECT、トランスフォーマー
制作国フランス=ブラジル=イタリア (2014)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト
スタッフ監督:ヴィム・ヴェンダース/ジュリアーノ・リベイロ・サルガド
出演:セバスチャン・サルガド
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」の12月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」の12月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」の12月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月18日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。