eo

eonet.jp

パパが遺した物語

7歳の娘のために父が書き上げた渾身の物語


パパが遺した物語
パパが遺した物語
パパが遺した物語

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パパが遺した物語

1989年。小説家のジェイク・デイヴィスは、妻を交通事故で亡くし、7歳の娘・ケイティと二人で暮らし始める。ジェイクはケイティへの愛を描いた小説を必死で書き綴る。20数年後、ケイティは人を愛せないというトラウマを抱え、行きずりの男性と関係を重ねながら、ソーシャルワーカーとして働いていた。ある日、ケイティはジェイクの大ファンだという小説家志望のキャメロンと出会う。やがて二人は恋人となるが…。


解説

妻を亡くした小説家が、愛する7歳の娘と一緒に暮らすために身を削って小説を書き上げる1989年の描写と、その娘が成長して大人になった現代の描写を交互に見せる本作。父が娘に注ぐ無償の愛、その愛を一身に受けながらもトラウマを抱えた大人になってしまった娘の愛とすれ違いを、優しさを感じさせる映像で描いている。父親のジェイクを演じるラッセル・クロウは、ブラッド・デッシュの脚本を読んですぐに出演を決めたという。“ポテトチップ”という愛称で呼ばれる7歳のケイティを演じるカイリー・ロジャーズの演技も素晴らしい。成長したケイティは、アマンダ・セイフライドが演じている。『幸せのちから』でも親子愛を描き観客の涙を誘ったガブリエレ・ムッチーノが監督を務めている。


公開日2015年10月3日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて
配給ギャガ
制作国アメリカ=イタリア (2015)
ジャンルドラマ 
公式サイト
スタッフ監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ラッセル・クロウ/アマンダ・セイフライド/アーロン・ポール/クヮヴェンジャネ・ウォレス/ダイアン・クルーガー/ジェーン・フォンダ
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「パパが遺した物語」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「パパが遺した物語」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「パパが遺した物語」の11月21日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは11月21日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。