eo

eonet.jp

黄金のアデーレ 名画の帰還

クリムトの名画の返還を求めた裁判の実話


黄金のアデーレ 名画の帰還
黄金のアデーレ 名画の帰還
黄金のアデーレ 名画の帰還

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

黄金のアデーレ 名画の帰還

1998年のLA。姉を亡くしたばかりのマリアは、オーストリア政府にナチスに没収された叔母の肖像画の返還を求めるよう、駆け出しの弁護士ランディに仕事を依頼する。戦前のウィーンで資産家の家に育ったマリアだが、ナチスの台頭によりアメリカに移住した過去を持つ。最初は気が乗らないランディだったが、その肖像画がクリムトの名画で評価額が1億ドル相当である事を知り、引受けるがウィーンの審問会で申請は却下され…。


解説

2006年、当時市場最高値(約160億円)となる落札価格で、クリムトの「アデーレの肖像」が競り落とされた。アデーレ一族はユダヤ人だったため、その絵画はナチスに没収され、戦後はオーストリアのベルベデーレ美術館にあった。それをアデーレの姪のマリアが返還を求め裁判を起こした。本作はその出来事を映画化。返還を求めた時、マリアはすでに82歳。映画は現代と過去の回想シーンを行き来し、1枚の絵に込められたある一家の愛情を映し出す。嫌な過去を忘れようとする風潮はどの国も同じだが、決してそれを忘れられない人もいる。その思いを知れば、その肖像画は単なる“観賞用の名画”ではない事が、本作を観た人ならわかるだろう。


公開日2015年11月27日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給ギャガ
制作国アメリカ=イギリス (2015)
ジャンルドラマ 
公式サイト
スタッフ監督:サイモン・カーティス
脚本:アレクシ・ケイ・キャンベル
出演:ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/ケイティ・ホームズ
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「黄金のアデーレ 名画の帰還」の12月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「黄金のアデーレ 名画の帰還」の12月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「黄金のアデーレ 名画の帰還」の12月18日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月18日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。