eo

eonet.jp

マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>

剣闘士となったソー、父の仇から故郷を救え


マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>
マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>
マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>

アスガルドの王であり、ソーとロキの父であるオーディンが殺された。彼を手にかけたのは、オーディンの子どもでありアスガルドの歴史から消し去られた市の女神・ヘラだった。ヘラはソーのムジョルニアを破壊し、ソーとロキを宇宙の辺境へと飛ばしてしまう。辺境の惑星・サカールに流れ着いたソーは、星の支配者であるグランドマスターに囚われ、格闘大会に参加させられることに。そこで最強王者として君臨していたのは、盟友・ハルクだった…。


解説

マーベル・シネマティック・ユニバース17作目であり、「ソー」シリーズ3作目となる本作。ニュージーランド出身のタイカ・ワイティティを監督に迎えた本作は、これまでとはまったく違うテイストの作品となっている。ムジョルニアを無くし、金髪サラサラヘアーも短く刈り込まれてしまったソーは、辺境の地で剣闘士として記憶を失ったハルクと再会することに。そしてハルクやロキ、アスガルド出身のヴァルキリーと共に“リベンジャーズ”を結成し、最強の敵・ヘラと立ち向かうのだ。作品のテーマを象徴したような「移民の歌」が物語の冒頭と最後に印象的に使われるいるのも憎い。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へとつながるラストシーンまで、目が離せない問題作と言えるだろう。


公開日2017年11月3日より全国にて
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作国アメリカ (2017)
ジャンルSF/ファンタジー アクション アドベンチャー
公式サイト
スタッフ監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/トム・ヒドルストン/ケイト・ブランシェット/アンソニー・ホプキンス/浅野忠信
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

天王寺
守口・枚方・寝屋川
茨木
泉南・阪南
交野・四條畷・大東

現在、MY映画館で「マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>」の12月12日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「マイティ・ソー バトルロイヤル<日本語吹替版>」の12月12日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月12日から12月15日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。