eo

eonet.jp

さよなら、僕のマンハッタン

ニューヨークを舞台に描いた青年の成長物語


さよなら、僕のマンハッタン
さよなら、僕のマンハッタン
さよなら、僕のマンハッタン

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

さよなら、僕のマンハッタン

ニューヨークの裕福な住宅街で育ったトーマスだが、大学卒業と共にかつてアートが栄えたロウアーイーストサイドの安アパートで、一人暮らしをしている。自分の将来を模索しながら生活していたトーマスだが、父の不倫を偶然目撃した時から変化が訪れる。父の愛人のジョハンナの尾行を始めた。また新しい隣人で、謎めいた初老の男性W.F.ジェラルドに人生相談をする事により、トーマスは自分の可能性を探り始める。


解説

原題は「The Only Living Boy in New York」。サイモン&ガーファンクルの曲(邦題「ニューヨークの少年」)が、主人公の心情を表すテーマ曲として本編に流れる。本作の主人公は、まだ何者にもなっていない文科系の青年。頼れるべき相手もおらず、自分の未来も見えない。しかし今まで避けてきた家族との関わりや、年上の女性との恋愛にも導かれ、大人として成長していく物語。全体的に漂う70年代ニューシネマ的な雰囲気も、映画ファンなら気づくはず。監督は『(500)日のサマー』でみずみずしい青春を描き評価を高め、『アメイジング・スパイダーマン』などのヒット作も飛ばしているマーク・ウェブ。


公開日2018年4月14日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて順次公開
配給ロングライド
制作国アメリカ (2017)
ジャンルドラマ ラブ・ストーリー
公式サイト
スタッフ監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー/ケイト・ベッキンセール/ピアース・ブロスナン/シンシア・ニクソン/ジェフ・ブリッジス/カーシー・クレモンズ
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「さよなら、僕のマンハッタン」の7月19日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「さよなら、僕のマンハッタン」の7月19日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「さよなら、僕のマンハッタン」の7月19日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは8月17日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。