eo

eonet.jp

ここは退屈迎えに来て

ここではないどこかに


ここは退屈迎えに来て
ここは退屈迎えに来て
ここは退屈迎えに来て

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ここは退屈迎えに来て

何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく地元に戻った27歳の“私”。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いているけれど、親からはフリーター同然の扱いで、何だか冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達と久々に会った勢いで「とにかく格好良くって、背が高くって、サッカー部のエースで、不良とも適度に仲がいい」憧れの椎名くんに連絡し、みんなで会いに行くことに。道中、“私”の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇る…。元彼「椎名」を忘れられない、東京に憧れと怖さを持ちながら地元を出ないまま暮らす“あたし”。椎名がいなくなった途端に彼氏面してくる、椎名の取り巻きの中でも特に冴えない男と、断る方が面倒くさいから適当に遊んでいるけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている…。


解説

「アズミ・ハルコは行方不明」の山内マリコのデビュー作を映画化。主人公の“私”を『桐島、部活やめるってよ』『リトル・フォレスト』の橋本愛、“あたし”を『愛の渦』『二重生活』の門脇麦が演じる。さらに青春時代にみんなが恋焦がれた“椎名くん”を『キセキ−あの日のソビト−』の成田凌が演じる。監督は『ヴァイブレータ』『彼女の人生は間違いじゃない』の廣木隆一。(作品資料より)


公開日2018年10月19日より全国にて
配給KADOKAWA
制作国日本 (2018)
ジャンルドラマ 
公式サイト
スタッフ監督:廣木隆一
原作:山内マリコ
出演:橋本愛/門脇麦/成田凌
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「ここは退屈迎えに来て」の12月12日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「ここは退屈迎えに来て」の12月12日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「ここは退屈迎えに来て」の12月12日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月12日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。


MY映画館3件まで登録できます。

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

ランキング全国週末興行成績
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 01 EVEN

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ボヘミアン・ラプソディ 02 EVEN

ボヘミアン・ラプソディ

来る 03 NEW

来る

くるみ割り人形と秘密の王国 04 DOWN

くるみ割り人形と秘密の王国

機動戦士ガンダムNT 05 DOWN

機動戦士ガンダムNT

スマホを落としただけなのに 06 DOWN

スマホを落としただけなのに

人魚の眠る家 07 DOWN

人魚の眠る家

ういらぶ。 08 EVEN

ういらぶ。

ヴェノム 09 DOWN

ヴェノム

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発- 10 DOWN

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

12月8日~12月9日調査 (興行通信社提供)