eo

eonet.jp

僕の帰る場所

日本とミャンマー、ある家族の愛の物語


僕の帰る場所
僕の帰る場所
僕の帰る場所

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

僕の帰る場所

東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。彼らは祖国を離れ日本に暮らすミャンマー人の一家だ。入国管理局に捕まった夫のアイセに代わり、ケインは一人家庭を支えている。子どもたちは日本で生まれたため母国語を話せない。ケインは日本語で一生懸命愛情を表現するが、子どもたちのストレスは日に日に増していくばかり。ケインはミャンマーに帰りたいと日々考えている。そんな時、ある通知が家族のもとに届く…。


解説

2017年の「第30回東京国際映画祭」で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した注目作。在日ミャンマー人家族の実話を基に、“移民”というテーマを、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。ロケはミャンマーでも行われ、ミャンマーの民主化の流れも紹介される。監督は、本作が長編映画デビュー作となる藤元明緒。企画から5年、その間にはミャンマー政府の厳しい検閲を通過させなくてはならなかったそうだ。出演している俳優たちは、実際に日本に住む在日のミャンマー人たちだという。彼らの経験に裏打ちされた演技は、映像の中で生々しくリアルな印象を残す。


公開日2018年10月6日よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開
配給E.x.N
制作国日本=ミャンマー (2017)
ジャンルドラマ 
公式サイト
スタッフ監督・脚本・編集:藤元明緒
出演:カウン・ミャッ・トゥ/ケイン・ミャッ・トゥ/アイセ/テッ・ミャッ・ナイン/來河侑希/黒宮ニイナ/津田寛治
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「僕の帰る場所」の12月11日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「僕の帰る場所」の12月11日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「僕の帰る場所」の12月11日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月11日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。


MY映画館3件まで登録できます。

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

ランキング全国週末興行成績
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 01 EVEN

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ボヘミアン・ラプソディ 02 EVEN

ボヘミアン・ラプソディ

来る 03 NEW

来る

くるみ割り人形と秘密の王国 04 DOWN

くるみ割り人形と秘密の王国

機動戦士ガンダムNT 05 DOWN

機動戦士ガンダムNT

スマホを落としただけなのに 06 DOWN

スマホを落としただけなのに

人魚の眠る家 07 DOWN

人魚の眠る家

ういらぶ。 08 EVEN

ういらぶ。

ヴェノム 09 DOWN

ヴェノム

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発- 10 DOWN

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

12月8日~12月9日調査 (興行通信社提供)