eo

eonet.jp

ガンジスに還る

聖地で死を受け入れる父とそれを見守る息子


ガンジスに還る
ガンジスに還る
ガンジスに還る

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ガンジスに還る

不思議な夢を見て死期を悟った父ダヤは、家族にガンジス河の聖地バラナシへ行く事を宣言。ここで命を全うすれば、誰もが解脱できるという。ダヤの決意は固く、仕事人間の息子ラジーヴは仕方なく仕事を休んで付き合う。死を待つ人々が暮らす「解脱の家」に入居するダヤ。施設の仲間と打ち解けるダヤだが、ラジーヴは置いてきた仕事が気がかり。しかし残された時間を過ごすうち、すれ違っていた親子の関係が、次第にほぐれていく。


解説

英語では「ベナレス」とも呼ばれるバラナシは、大河ガンジスが流れるヒンドゥー教の聖地。河岸で沐浴する人々や、火葬場の様子を写真や映像で見た方もいるだろう。インドのヒンドゥー教徒は、この聖地で生涯を終えれば輪廻から解脱できると信じており、この地には巡礼者たちだけでなく死期が近づいた人たちも多くやってくる。もっとも本作のように、現代人の息子は父親ほど宗教に熱心ではなく、父の願いを面倒に思っていたりする。インド人たちの宗教観、家族観を知る上でも興味深い本作だが、親の最期と向き合うにはどうしたらいいかと悩むのは、世界共通だ。全編を通じて穏やかな空気が流れ、「死」という重いテーマを軽いユーモアで包んだ、人間への優しさに満ちた映画。


公開日2018年10月27日より岩波ホールほか全国にて順次公開
配給ビターズ・エンド
制作国インド (2016)
ジャンルドラマ 
公式サイト
スタッフ監督・脚本:シュバシシュ・ブティアニ
出演:アディル・フセイン/ラリット・ベヘル
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

梅田

現在、MY映画館で「ガンジスに還る」の12月11日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「ガンジスに還る」の12月11日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月11日から12月14日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。


MY映画館3件まで登録できます。

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

ランキング全国週末興行成績
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 01 EVEN

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ボヘミアン・ラプソディ 02 EVEN

ボヘミアン・ラプソディ

来る 03 NEW

来る

くるみ割り人形と秘密の王国 04 DOWN

くるみ割り人形と秘密の王国

機動戦士ガンダムNT 05 DOWN

機動戦士ガンダムNT

スマホを落としただけなのに 06 DOWN

スマホを落としただけなのに

人魚の眠る家 07 DOWN

人魚の眠る家

ういらぶ。 08 EVEN

ういらぶ。

ヴェノム 09 DOWN

ヴェノム

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発- 10 DOWN

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

12月8日~12月9日調査 (興行通信社提供)