eo

eonet.jp

マダムのおかしな晩餐会

嘘から始まった大人のロマンチックコメディ


マダムのおかしな晩餐会
マダムのおかしな晩餐会
マダムのおかしな晩餐会

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

マダムのおかしな晩餐会

アメリカからパリの屋敷へ越してきたアンとボブの夫婦は、友人たちを招いたディナーを企画していた。しかし手違いから出席者が13人になり、縁起が悪いと感じたアンは、急遽、スペイン人メイドのマリアを招待客に仕立て上げる。身分を隠して大人しくしているはずのマリアだったが、お客のひとりがマリアにひと目惚れ。一方、アンは自分への興味を失っている夫への不満から、フランス人富豪からの不倫の申し込みに誘惑される。


解説

パリのセレブな人々が集まったお屋敷ディナー。そこに“身分違い”のメイドが、人数合わせのためにお客として加わった事から起きる人間模様を描いたコメディ。主人公となるのは、この屋敷の女主人である“マダム”のアンと、その“メイド”のマリア。愛もお金も地位も手に入れたはずなのに、愛されていない事に不安を感じるアン。一方、夫はいないマリアだが生き甲斐にしている娘がおり、ポジティブに人生を考えている。雇う側と雇われる側と立場は正反対だが、なぜかマリアの方が人生楽しく生きているように見えるから、アンは嫉妬してしまうのだ。スピーディーな展開でコミカルに描かれる愛のすれ違いは、いつの時代にも通じるもの。ウディ・アレン作品に通じるタッチのコメディだが、そこまで“教訓”じみていないのは、フランス映画だからだろう。


公開日2018年11月30日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給キノフィルムズ
制作国フランス (2016)
ジャンルコメディ ラブ・ストーリー
公式サイト
スタッフ監督・原案:アマンダ・ステール
出演:トニ・コレット/ハーヴェイ・カイテル/ロッシ・デ・パルマ
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「マダムのおかしな晩餐会」の8月19日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「マダムのおかしな晩餐会」の8月19日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「マダムのおかしな晩餐会」の8月19日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは8月19日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。