eo

eonet.jp

主戦場

慰安婦問題をめぐる論争を検証する意欲作


主戦場
主戦場
主戦場

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

主戦場

慰安婦たちはいわゆる“性奴隷”だったのか。 強制連行は本当にあったのか。さらに日本政府の謝罪と法的責任とは。 次々と湧いてくる疑問を解決しようと、映像作家のミキ・デザキは、櫻井よしこ、ケント・ギルバート、杉田水脈(政治家)、渡辺美奈(女たちの戦争と平和資料館)、吉見義明(歴史学者)、中野晃一(政治学者)、ユン・ミヒャン(韓国挺身隊問題対策協議会)、パク・ユハ(「帝国の慰安婦」著者)など、この論争の中心人物たちを訪ねて回る。


解説

日系アメリカ人映像作家でYouTuberとして知られているミキ・デザキが、慰安婦問題をめぐる論争をさまざまな角度から検証、分析するドキュメンタリー。慰安婦問題について抱くさまざまな疑問を胸に抱え、この問題を検証すべく、日本、アメリカ、韓国、肯定派と否定派それぞれの立場で論争の中心にいる人たちに取材を敢行している。右派・左派が交互に登場して自説を力説するさまは、まるでディベートを見ているかのようだ。そこに、ニュース映像に加え記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的に対立する主張を反証させているのが興味深い。テーマからして、なかなかに挑戦的な内容だが、政治的立場にかかわらず多くの日本人が観るべき映画なのではないか。


公開日2019年4月20日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
配給東風
制作国アメリカ (2018)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト
スタッフ監督・脚本・撮影・編集・ナレーション:ミキ・デザキ
出演:トニー・マラーノ/藤木俊一/山本優美子
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

十三

現在、MY映画館で「主戦場」の8月24日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「主戦場」の8月24日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは9月22日から9月27日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。