eo

eonet.jp

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』

運命の恋人たちが情熱的に短い生を駆け抜ける


英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』

キャピュレット家のジュリエットとモンタギュー家のロミオは情熱的な恋に落ちるが、二つの家は対立している。ひそかに結婚する二人だが、運命のいたずらによりロミオはジュリエットの従兄弟ティボルトと決闘し、彼を殺してしまう。ロミオは罰としてヴェローナから追放される。ジュリエットは両親によってパリスとの結婚を強いられるが、それを逃れるために毒薬を飲んで仮死状態となって、ロミオの元に行く計画を立てる。だが彼女のメッセージはロミオには届かず、ジュリエットの死の知らせを聞いて戻ってきたロミオはキャピュレット家の墓所で命を絶つ。仮死状態から目覚めたジュリエットはロミオの亡骸を発見し、胸を刺して後を追う。


解説

巨匠ケネス・マクミラン振付の本作はドラマティック・バレエに秀でたロイヤル・バレエの最良の部分を見せる決定版。プロコフィエフによる圧巻の音楽がロマンティックなパ・ド・ドゥや生き生きした群衆シーンを鮮やかに彩り、ニコラス・ジョージアディスによる重厚華麗な舞台美術によって16世紀のヴェローナが再現される。今回は愛らしいヤスミン・ナグディと、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に主演して話題沸騰のマシュー・ボールという、ロイヤル・バレエの新世代を象徴する若手プリンシパルペアが主演を務める。(作品資料より)


公開日2019年8月23日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて
配給東宝東和
制作国イギリス (2019)
ジャンルMusic/ミュージカル 
公式サイト
スタッフ振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
指揮:パーヴェル・ソローキン
出演:ヤスミン・ナグディ/マシュー・ボール/ヴァレンティノ・ズケッティ/ギャリー・エイヴィス
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

現在「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』」の9月16日の上映スケジュール情報が確認できません。
地域または、版(通常、日本語吹替、3D、3D日本語吹替)を切り替えて検索しなおしてください。


現在、MY映画館で「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』」の9月16日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』」の9月16日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは9月16日から1月1日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。