eo

eonet.jp

ゾンビランド:ダブルタップ

あれから10年。あの4人がゾンビランドに戻ってきた!


ゾンビランド:ダブルタップ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ゾンビランド:ダブルタップ

ゾンビに覆われた世界で、大学生のコロンバスがワイルドな男タラハシー、そしてウィチタとリトルロックの姉妹と出会ってから10年。4人はゾンビと戦いながらも、家族のように今は無人のホワイトハウスで暮らしていた。しかし成長したリトルロックは父親のように振る舞うタラハシーが疎ましくなり、またウィチタも自分の道を歩もうとし、二人はホワイトハウスを出て行ってしまう。その一方、ゾンビはより強力に進化していた。


解説

ゾンビ映画として当時最大のヒットを飛ばした『ゾンビランド』の、10年後のまさかの続編で、4人の主要キャストや監督、脚本家は前作から続投している。この10年の間にウィチタ役のエマ・ストーンは『ラ・ラ・ランド』でブレイクし、監督のルーベン・フライシャーは『ヴェノム』、脚本の2人は『デッドプール』というヒット作を生み、今や売れっ子になった。映画の舞台は前作から10年後、子供だったリトルロックも大人になり、4人だけの生活には物足りなく、外の世界へ他の人間を探しに行きたくなっている。ゾンビだらけの世界で生き残っているのは果たしてどんな人たちなのか。もちろん本作はコメディなので、出会うのは「アクション映画的にサバイバル能力が高い人々」ではなく、どこかズレて笑いを誘うキャラクターばかり。ゾンビはたくさん出てきてゴア描写はあるもののほぼやられ役なので、怖いものが苦手という人でも大丈夫だ。


公開日2019年11月22日より全国にて
配給ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国アメリカ (2019)
ジャンルホラー コメディ アクション
公式サイト
スタッフ監督:ルーベン・フライシャー
出演:ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン/ロザリオ・ドーソン/ルーク・ウィルソン/ゾーイ・ドゥイッチ/ビル・マーレイ
映倫規定

字幕・吹き替え・3Dなど上映スタイルが選択できます。

小阪・布施
難波
梅田
守口・枚方・寝屋川
八尾・柏原・松原
吹田
茨木
泉南・阪南
交野・四條畷・大東

現在、MY映画館で「ゾンビランド:ダブルタップ」の12月8日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「現在地から探す」をご利用ください。


現在、最寄りの映画館で「ゾンビランド:ダブルタップ」の12月8日の上映スケジュール情報が確認できません。
「地域から探す」「MY映画館から探す」をご利用ください。

  • モーニング
  • レイトショー
  • オールナイト

※掲載期間は調査対象期間になります。
対象調査期間:このページでは12月8日から12月13日までの情報を掲載しています
作品タイトル・公開日・上映時間・公開終了日は変更になる場合があります。詳しくは各劇場にお問い合わせください。
また本ページ記載の各劇場や作品における割引などの特典情報については、当社では内容の保証は出来かねますのでご了承ください。